生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 戸籍謄本・抄本取得方法
  4.  

戸籍謄本・抄本取得方法

6

戸籍謄本・抄本とは、戸籍を証明する公的書類です。使用用途により、どちらが必要なのかは変わります。必要になったときに慌てないよう、取得方法をあらかじめ確認しておきましょう。こちらのページでは、謄本・抄本の違い、必要書類、郵送での取得方法などをご紹介します。

戸籍謄本・抄本とは?

戸籍謄本・抄本とは、いずれも「戸籍」を証明する書類です。「戸籍」には、

  • 日本国籍の証明
  • 家族関係の証明

の2つの意味があり、いずれかを証明するときに必要となる書類です。尚、いずれの発行にも手数料がかかります。

謄本と抄本の違い

戸籍謄本は戸籍原本に掲載されている全員の記録を証明する書類を指し、「戸籍全部事項証明書」ともいいます。

戸籍抄本は戸籍原本に掲載されている一部の者(1人だけ、2人だけ、など)の記録を証明する書類を指し、「戸籍個人事項証明書」ともいいます。

使用用途によって、一部の証明でよいのか全員の証明が必要なのかが変わりますので、用途に応じて謄本・抄本を使い分けることになります。

何に使用するのか

戸籍謄本・抄本は、主に以下のような手続きの必要書類となります。

  • パスポートの申請
  • 婚姻届の提出(提出する自治体が本籍地以外の場合)
  • 転籍届の提出(提出する自治体が同一市区町村ではない場合)
  • 相続手続

謄本・抄本のどちらを使用するのか

謄本・抄本のどちらもOKという場合と、戸籍謄本しか受け付けないという場合があります。どちらが必要なのかは、各自治体で確認しましょう。

どこで取得できるのか

各自治体の「戸籍住民課(戸籍課)」窓口となります。申請時には本人確認書類が必要となります。

本人以外が申請する場合

本人との関係性により、委任状が必要な場合と必要でない場合があります。委任状の必要でない人も申請する人との関係を証明する書類が必要な場合があります。

郵送で申請する場合

本人も本人以外でも郵送での申請が可能です。

詳しい方法はこちら!→戸籍関係書類を郵送で取り寄せる方法

詳しい取得方法

窓口でのやりとりの様子もわかる詳しい取得方法はこちら!

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る