生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon beauty美容・ビューティ

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 肌トラブル対処
  5.  

女性の顔の肌トラブル対処法

155

女性の顔のお肌トラブルはその箇所によってもさまざま。肌荒れ、目の下のくま、お肌のくすみ・たるみ、お肌の毛穴汚れ、ニキビなど部分ごと、症状によって、そのトラブル対策は異なるため適切な対処法であなたのキレイになりたいをサポートします。

接近戦も怖くない!女性の顔の肌トラブル対処法まとめ

女性にとって脅威とも言える「肌荒れ」。お肌が荒れていると、メイクのりもイマイチ…何だか自信が持てず、自分らしさを100%発揮できなかったりしますよね。

ここではそんな肌トラブルを撃退・未然に防ぐためのハウツーをまとめています。肌荒れ、クマ、くすみ・たるみ、毛穴汚れ・開き、ニキビ・吹き出物、乾燥肌・敏感肌、シミ、7つのお悩み別に分けてご紹介します。

これでもう彼との接近戦も怖くない!是非ご参考ください。

(image by PresenPic)

突然の事態にも慌てない!肌荒れ撃退法まとめ

(image by PresenPic)

普段はお肌のことで悩まないのに、突然荒れてきちゃった…なんてこと、ありますよね。長時間のパソコンでの作業やオフィスの空調など、働く女性にとってお肌に過酷な環境は避けられませんね。

特にお肌が敏感になる季節の変わり目は要注意!でもそんな肌荒れ、朝の洗顔の見直しやクリームを塗るタイミングでかなり変わるのです。ここでは「突然の肌荒れへの対処法・予防法」についてまとめてご紹介します。是非ご参考ください。

その他、肌荒れに関するハウツーはこちら

幸薄顔なんて言わせない!目の下のクマ撃退法

(image by PresenPic)

目の下がうっすら青緑、もはや黒い、茶色…!クマが出来ると、ミステリアスを超えてなんとも言えない不幸感が漂ってしまいますよね。やはりハッピーなオーラの女性でありたいもの。ということで、「クマ」撃退法のご紹介です。是非ご参考ください。

まだ間に合う!くすみ・たるみ撃退法まとめ

(image by PresenPic)

年を重ねるごとに進むくすみ・たるみは「老け顔」の原因。このくすみ・たるみは、肌に若さがなくなって皮膚がたるみ、毛穴がすり鉢状にへこんで大きく広がり、楕円形になることで起こるそうです。ここでは、洗顔の仕方次第で防げる対処法など、「くすみ・たるみ」撃退法をまとめてご紹介します。是非ご参考ください。

その他「くすみ・たるみ」に関するハウツーはこちら

拡大鏡もかかってこい!毛穴汚れ・開き撃退法まとめ

(image by PresenPic)

自分の顔とは言え、思わず目を背けたくなってしまう毛穴汚れ・開き…よく「イチゴ毛穴」なんて言いますよね、まさにその通り。一度開いてしまった毛穴のケアは心が折れるものです。5分で出来るケアや、重曹を使う毛穴撃退法など!「毛穴汚れ・開き」撃退法についてご紹介します。是非ご参考ください。

その他「毛穴の汚れ・開き」に関するハウツーはこちら

肌荒れの代表格!ニキビ・吹き出物撃退法まとめ

(image by PresenPic)

ニキビは、女性の肌荒れの代表格とも言えますよね。思春期特有の赤ニキビから大人の女性特有の白ニキビ、背中に出来るニキビまで…「ニキビ・吹き出物」撃退法をまとめてご紹介します。「ニキビが出来るのは若い証」のはずが未だに悩んでる!なんて方も必見です。ちなみに、やはり「ビタミンC」はニキビ肌の強い味方みたいですよ。是非ご参考ください。

顔のニキビ編

ボディのニキビ編

カサカサ・皮むけ!乾燥肌・敏感肌ケア方法まとめ

冬は空気が乾燥し夏は紫外線や冷房の影響で、1年を通して乾燥肌や敏感肌に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

乾燥肌が進むとカサカサしたり粉を吹いたりするだけではなく、かゆくなったり赤みが出たり、なぜか逆にニキビが出来てしまったりすることもありますよね。もともとの体質だけでなく、乾燥肌を放おっておいたことで敏感肌にまで悪化してしまうこともあるようです。

乾燥肌や敏感肌になると合うファンデーションがなかなか見つからなかったり、化粧品を探すのにも苦労しますよね。

ここでは、乾燥肌や敏感肌の方向けの対策法やスキンケア方法、化粧品の選び方などをご紹介します。

(image by PresenPic)

乾燥肌向けスキンケア方法

乾燥を放おっておくと肌荒れや肌の老化にもつながりかねません。少しでも乾燥を感じたら対策をとるようにしましょう。ここでは乾燥肌向けのスキンケアをご紹介します。

乾燥肌向け化粧品の選び方

スキンケア方法だけでなく化粧品そのものを変えてみた方がいい場合もあります。あまり乾燥肌が長引くようでしたら、化粧品を変えてみましょう。

放おっておくと危険?敏感肌のスキンケア方法

乾燥肌が悪化すると外部からの刺激を受けやすい敏感肌になってしまうこともあります。そうなると、より化粧品やスキンケアに気を使わなければいけません。

その他「乾燥肌・敏感肌」に関するハウツーはこちら

気づけばこんな所に!顔のシミ撃退法まとめ

(image by PresenPic)

「あれ、こんな所にこんなのあったっけ…?」気付かない内に、ひっそり、確実に出来るのがシミや肝斑の怖いところです。1度出来てしまったものも目立ちにくくする改善法や、原因を知って未然に防げるようにする予防法など「シミ」撃退法についてご紹介します。是非ご参考ください。

肌トラブル対処の新着記事

もっと見る

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る