生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. プリンってどうやってできたの?洋菓子の由来まとめ[デザート菓子編]

プリンってどうやってできたの?洋菓子の由来まとめ[デザート菓子編]

2013年06月09日作成

 views

はじめに

パンケーキ、クレープ、プリン(プディング)、ババロアなど、デザートとして親しまれている洋菓子。

しかし、その洋菓子がなぜどのように作られて、なぜその名前ができたのかご存知の方は少ないのではないでしょうか?

そこでここでは洋菓子を食べるのがもっと楽しくなるよう、洋菓子の由来を紹介します。今回は、デザート菓子についてまとめてみました。

デザート菓子

プディング(プリン)

プリンというのは、ご存知のように英語の「プディング(pudding)」が訛ったものです。また、プディングも正確には「カスタード プディング」です。

本来の意味によると「プディング」は、でんぷんベースのものを茹でる・蒸す・焼く・冷やすなどして固められたもののことを指すそうです。現在のプリンは、航海時代に船団が船に残った余りものに卵などを加え、布巾で包んで煮たのが始まりと言われています。

また、ある説によるとプディングがプルプルしていることから、日本の食品会社が「プリン」と名付けたとも言われています。

クレームブリュレ

フランスのレストランでは、ほとんどの店に「クレーム・ブリュレ(クリーム・ブリュレ)」が置いてあります。「ブリュレ(bruler)」は「焦げた」という意味があり、見た目通り「焦がしたプディング」を意味しています。

パンナコッタ

パンナコッタ(Pannacotta)は北イタリアの地方菓子として生まれたとされる菓子です。

イタリア語でパンナは「生クリーム」、コッタは「加熱」を意味しています。名前の通り、生クリームと牛乳と砂糖にバニラビーンズを入れて温め、ゼラチンを加えて冷やし固めたデザートです。

ブランマンジェ

ブランマンジェとは、日本ではあまり見かけませんがフランスではとても有名なデザートです。フランス語でブランは「白い」、マンジェは「食べ物」を意味しており、見た目通り「白い食べ物」を意味しています。

別名「アーモンドの豆腐」とも呼ばれています。

創作の起源はアラビア人とされており、アラビア人がアーモンドと砂糖で作ったものが始まりとされています。

18世紀になり料理人のアントンカレームが優雅でとろけるようなデザートに仕上げ、現在のブランマンジェができ上がったと言われています。

ババロア

ババロアは、滑らかな舌ざわりが特徴で、バーバリアンクリームとも言われます。ドイツのババリア地方の温かい飲み物であったものを、フランスの料理人が改良し、生クリームやゼラチンを固めた菓子として作り上げました。

そのためババリア地方にちなんで「ババロア」としたとされています。

ゼリー

ゼリーとは、果汁やワインなどに砂糖などで甘味を加え、ゼラチンなどを添加して固めたものを言います。「ゼリー」という言葉は英語で「jelly」と表記されますが、昔は「gele」と書かれていたそうです。

これは、ゼラチンやジェルの語源ともなっている、ラテン語で「凍る」「固まる」を意味する「gelare」が由来となっているのではないかと言われています。

おわりに

スーパーでも見られるゼリーやプリンの他にも、ブランマンジェなどのデザート菓子などの由来を紹介しました。

食後によく食べられる菓子なので、食事の際、思い出してみてください。

本記事は、2013年06月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る