生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8.  
  9. たくさん収納できる!本棚の選び方

たくさん収納できる!本棚の選び方

2013年11月10日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者は漫画が大好きで、1000以上所持しています。どんどん増え続けて行く本をうまく整理できないかと、色々本棚を探し自分に合うものを見つけました。

著者の本棚を選ぶポイントはたくさん入ることと、本が取り出しやすいことです。

著者が持っている本棚について

  • メーカー:不明(タンスのゲン 楽天市場店
  • サイズ:幅88.5cm×奥行28.5cm×高さ90cm
  • 素材:MDF/パーチクルボード、プリント化粧合板
  • 価格:約5000円
  • 購入時期:2013年5月

本棚の選び方

ポイント1:収納力

著者は漫画の収集が趣味なのですが、漫画は買っているうちにどんどん増えて、本当に収納に困っていました。

今著者が愛用している本棚は、通常のコミック本で350冊収納できるということで、コンパクトながら効率よくたくさんしまえて、とても使い勝手が良いです。

ポイント2:取り出しやすさ

カラーボックスなども安価で、買い足していきやすい為初めは収納に利用していたのですが、奥行きが深いものが多い為、結局奥の本が取り出し辛くなり、最終的にごちゃごちゃになってしまいました。

このスライド型の本棚ですと、本の後ろに本を並べることがないので、すぐにどこに何の本があるかわかり、ストレスがないです。

よく見るものは前に、あまり見ないものはスライドの後ろ部分に、気分に合わせて変えられるので片付けも楽しくなりました。

ポイント3:買い足せるか

本はどんどん増えていくので、長く売られているシリーズを選ぶと買い足すときに困りません。

著者は写真と同じタイプのものを5年ほど前にも購入して、今年買い足しましたが、ネットの店舗などでももう定番化している商品のようで、とても助かりました。

ちなみに著者が使っているものは横置きだけてなく、2つつなげて縦置きもできるので、あまり部屋が広くない人も効率よく本を収納できると思います。

最初から収納力があると言って、背の高いものや奥行きがある本棚を選ぶと、部屋にかなり圧迫感を与えてしまうし、地震大国の日本ではちょっと恐いです。

コンパクトなものを買って、その都度必要な量に合わせて買い足していくと、時々本も整理できて良いと思います。

おわりに

所有している本の量などで選ぶ基準は変わってくると思いますが、たくさん収納したい方には前面にスライドの収納もついている、このタイプの本棚はとてもおススメです。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130609144158 51b415a6713c6

本記事は、2013年11月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る