生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 失敗は成功のもと?洋菓子の由来まとめ[パイ・タルト編]

失敗は成功のもと?洋菓子の由来まとめ[パイ・タルト編]

2013年06月09日作成

 views

お気に入り

はじめに

パイ、タルトはフイタージュ生地を使って作る洋菓子の一種です。

日本でも馴染みのあるパイやタルトですが、それらの洋菓子がどのように作られて、なぜその名前ができたのかはご存知ですか?

ここでは洋菓子を食べるのがもっと楽しくなるよう、洋菓子の由来を紹介します。今回は、パイ(フイユタージュ)のなかまのケーキについてまとめました。

主なパイ・タルトの由来

タルト

タルトはフランスを代表とするパイ菓子です。タルトの中に詰めるものを「フィリング」といい、焼いたビスケット生地にフィリングを詰めるタイプとフィリングを詰めてから焼くタイプのタルトがあります。

タルトの原型は古代ギリシアや古代エジプトの時代にあったようです。「タルト」という名前は、古代ローカ時代に皿状のパイ菓子を「トゥールト」と読んでいたことに始まるそうです。

ミルフイユ

日本では「ミルフィーユ」として知られている「ミルフイユ(仏・英:mille-feuille)」もフランス発祥の菓子の一つです。

フランス語で「mille(千)」「feuille(葉)」を意味しています。つまり「ミルフイユ」は「千枚の葉」を意味し、何層ものパイ生地でクリームを挟むことからこの名前がついたと言われています。

ちなみに、「ミルフィーユ」と「ミルフイユ」は、フランス語だと全く違う意味になってしまいます。ミルフィーユは「一千人の娘さん」という意味になり、菓子の方の正しい発音は「ミルフイユ」なのです。

パイ

「パイ(pie)」は英語で「かささぎ」を意味します。かささぎはいろんなものを集めてくるのが好きで、パイ生地に何でも詰め込んでしまうのがかささぎのようだということでこの名前がついたそうです。

パイが作られるようになったのには、有名な逸話があります。フランスの菓子職人がケーキを作るときに小麦粉にバターを入れ忘れため、バターを挟み込もうとしてできたのがパイでした。この失敗作が意外にも美味しく、パイの美味しさが知られるようになったと言われています。

アップルパイ

アップルパイはアメリカの代表的なデザートとして知られています。「アップルパイのようにアメリカ的だ(As American as apple pie)」という言葉があるほどアメリカの家庭料理として浸透しています。

イギリスからやってきた清教徒が植えたリンゴの種から収穫されたリンゴの実でパイを作ったことから、アメリカでのアップルパイの歴史が始まったとされています。

ガレット・デ・ロワ

ガレット・デ・ロワは、フランスの新年を祝うのに不可欠なお菓子で、毎年1月6日の主顕節に食べられます。そのため「ガレット・デ・ロワ」という名前は「王様のガレット」を意味しています。焼いたパイの上に王冠をのせるのが一般的とされています。

ガレット・デ・ロワの中にはフェーヴという陶製の小さな人形を入れておき、切り分けた時に自分の分の中にそれが入っていたらその日一日(王様また王女様)になることができます。

また、フェーヴは幸せのシンボルとも言われ、入っていた人はその一年が幸せになるのだとか。最近ではフェーヴにもいろいろかわいいものがあるので、フェーヴを集めたり、家族で一年を占ったりしても楽しいかもしれませんよ。

おわりに

パイ・タルト類の洋菓子の由来を紹介しました。パイの本場のフランスや、アメリカの家庭の味のタルトなど食べてみたくなりますね。

ケーキ店などでみかけたときには、由来を思い出してみてくださいね。

本記事は、2013年06月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る