生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. まずはこれを押さえよう、「副詞の用法」の基本の学び方

まずはこれを押さえよう、「副詞の用法」の基本の学び方

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

英語の品詞の中でも特に幅広い意味を持ち、文中での位置も不統一である副詞。ここでは、曖昧な副詞の用法について、高校英語で出てくる頻度の高い基本の用法をご紹介します。

基本となる副詞の用法

副詞の用法を勉強する上で、基本となるのは以下の5つです。

  • 様態や状態を表す:「well」「carefully」「quickly」など
  • 頻度を表す:「often」「sometimes」「always」など
  • 程度を表す:「very」「almost」「completely」など
  • 時を表す:「today」「yesterday」「immediately」など
  • 場所を表す:「here」「upstairs」「abroad」など

様態や状態を表す副詞

様態や状態を表す副詞とは、動作がどのようであるかを表す副詞です。ですので、文中では動作を表す品詞である動詞の近くに置くことが多いです。

自動詞を使う場合

He spoke slowly.(彼はゆっくり話した。)

spoke(speakの過去形)が自動詞なので、副詞であるslowlyはその直後に置きます。

他動詞を使う場合

We must take the situation seriously.(我々は事態を深刻に受け取らねばならない。)

takeが他動詞でthe situationという目的語を取るので、副詞であるseriouslyはそのあとに置きます。

頻度を表す副詞

頻度を表す副詞も、動詞の前後に置くことがほとんどです。少し細かい分類になりますが、一般動詞の前、be動詞・助動詞の後ろというのが基本の形です。

  • I usually go to school on foot.(僕は普段、歩いて学校に行く。)
  • I will never forget visiting Italy last summer.(去年の夏、イタリアに行ったことは決して忘れないだろう。)

程度を表す副詞

程度を表す副詞は、修飾する語句の前に置くのが原則ですが、修飾する語句が動詞の場合、頻度を表す副詞と同様に、一般動詞の前、be動詞・助動詞の後ろに置くのがふつうです。

  • He nearly fell into the pond.(彼はもう少しで池に落ちるところだった。)
  • I can hardly hear you.(あなたの言うことがほとんど聞こえない。)

時を表す副詞

時を表す副詞は、文尾に置くことが多いです。文頭に置くこともできますが、「before」「early」「late」「immediately」は文尾に置きます。

  • I went to the library yesterday.(僕は昨日、図書館へ行った。)
  • You should go home immediately.(君はすぐに家に帰ったほうがよい。)
  • Yesterday,I went to the library.(昨日、僕は図書館へ行った。)

場所を表す副詞

場所を表す副詞は、程度や頻度を表す副詞のように、動詞の近くに置きます。修飾する動詞が自動詞ならその直後に、他動詞なら目的語のすぐ後に置きます。また、時を表す副詞があるときは、「場所」を先に、「時」を後に置きます。

  • My sister wants to go abroad next year.(姉は来年、外国に行きたがっている。)
  • We have to speak English here.(ここでは英語を話さなければならない。)
  • I went there last spring.(僕は昨年の春、そこへ行った。)

また、前置詞と場所がセットになって、場所を表す副詞として働く場合があります。場所を表す副詞が重なった時は、限定範囲が狭い場所から先に置きます。

I live in a small house near the river.(僕は川の近くの小さな家に住んでいる。)

おわりに

今回は、副詞の持つ意味から基本の用法をご紹介しました。一見、とても曖昧で難しく感じる副詞ですが、大きく5つの意味を把握しておくと理解しやすくなります。参考にしてみてください。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130608012825 51b20a2942764

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る