生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 映画『トゥルー・ロマンス』を楽しむコツ

映画『トゥルー・ロマンス』を楽しむコツ

2010年11月25日作成

 views

『パルプ・フィクション』や『キル・ビル』がまだ撮られていない1993年、クエンティン・タランティーノが脚本を書いた『トゥルー・ロマンス』。
トゥルー・ロマンス [DVD]
暴力シーンがとても苦手な人には勧められませんが、基本ロマンチックでトニー・スコット監督のスタイリッシュな明るさを感じられる、良い映画だと思います。

『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』のパトリシア・アークエットがとってもフレッシュ&キュートで、当時はまだ誰もしていなかった「ブラ紐丸見えファッション」が、女性の私から見てもまぶしかったです。

コツその1 タランティーノの映画趣味に付き合う

主人公クラレンスが褒めているアカデミー賞作品は何でしょう?

主人公2人が出会う映画館では誰が主演の映画が上映されていたでしょう?

クラレンスが売春組織のボスのところへ出かけている間、アラバマが見ていた映画は何でしょう?

脚本家タランティーノの映画の趣味がダダ漏れになってます。

オマージュも含めていくつ見つけられるか探しながら見るのも楽しいです。

コツその2 脇役に大物

この映画の後で売れた人もいるし、当時結構売れっ子になっていたのに、ちらっとしかでていない人もたくさんいます。

知られているところではブラッド・ピット。

既に『テルマ&ルイーズ』『リバー・ランズ・スルー・イット』で実績もあり、脚本にほれ込んでクラレンス役を熱望したらしいのですが、既にクラレンスはクリスチャン・スレーターで決定していたのです。

それでもあきらめられないブラッド・ピットは、どんな役でも良いから出してくれとしつこく頼んで、クラレンスのルームメイト役に出演することになったそうです。

そう思ってみると、すごい熱演です。

他にも「あれっ」という感じの人がたくさん出ています。

ちらっとしかでてこない有名人を探しながら見るのもなかなか楽しいものです。

おわりに

時間が経っても、優れた映画は色あせません。

そのことを誰より知っているタランティーノの出世作です。

是非ご覧になってみてください。

本記事は、2010年11月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る