生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. こどもだけではなく大人も一緒に!こどもの日の楽しみ方

こどもだけではなく大人も一緒に!こどもの日の楽しみ方

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

こどもの日といえばその名の通り、子供のための国民の祝日ですが、子供だけではなく大人も一緒に楽しめると良いですよね。

しかし世はゴールデンウィーク真っただ中。親子でイベントに出かけようにも、どこも混んでいて楽しめなさそう・・・。できれば自宅で楽しめる遊びやお祝いがしたい。そう思ってしまう親御さんも少なくないのではないでしょうか。

こちらの記事では、筆者が実践した自宅でゆっくりできる、こどもの日の楽しみ方をご紹介します。

一緒に楽しむ人

友達親子、友達のママ友親子2組、もう1人の友達、そして筆者で一緒に楽しみました。

こどもの日の過ごし方

一緒に料理をする

友達に「こどもの日だからお祝いをする」という事で、家に招かれました。子供の好きな料理やデザートを大人5人で作り、簡単な作業や盛り付けは子供に任せて一緒に料理をしました。

一緒に遊ぶ

ご飯を食べた後はチームに分かれてボードゲームをしたり、子供が幼稚園で習った歌を披露してくれました。また、友達から子供の幼稚園では折り紙が流行っているという話を聞いていたので、折り紙を持参して子供の目の前で折ってみると「どうやって折るの?」「教えて!」と食いついてくれました。

久しぶりに折り紙を折るというお母さんがいたり、お母さんより上手に折り紙を折る子供がいたり、皆楽しみながら夢中で折り紙を折って楽しみました。

実践してみた感想

友達のママ友とは初めて会ったのですが、同年代なので話も弾み、子供も一緒にゲームをしたり折り紙を折ったりして懐いてくれたのでとても楽しかったです!

皆で作った料理も、子供たちに大好評だったので大満足でした。友達の子供はこどもの日で料理のお手伝いをして以来、毎日率先してお手伝いしてくれるようになったそうで、友達はとても喜んでいました。

おわりに

こどもの日なので子供を喜ばせよう!楽しませよう!と思う方も多いと思いますが、是非大人も一緒に楽しんでもらいたいと思います。童心に返って、こどもと一緒に遊ぶと意外と楽しめるものですよ!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130602155552 51aaec78ba38a

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る