生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 疲労を軽減!キレイなランニングフォームの作り方

疲労を軽減!キレイなランニングフォームの作り方

2013年06月03日作成

 views

昔から走るのが好きな著者がランニングをする方に疲れにくく、キレイなフォームの作り方を紹介します。

目次

著者のランニング状況

  • 週2回
  • 距離:3km位
  • 時間30分~1時間

持ち物

  • ジャージやTシャツ、短パン
  • ランニングシューズ
  • 飲み物(スポーツドリンクや水など)

走るときのフォームのポイント

STEP1:背筋はまっすぐ伸ばす

背筋は曲げずにしっかり伸ばしましょう。前かがみになったり後ろに沿ったりしながら走ると腰や背中に負担がかかり、体を痛めやすくなるので注意して下さい。

STEP2:視線はまっすぐ向ける

しっかり顔を上げて、まっすぐ数メートル先を見るような感じで走るのが良いでしょう。苦しいと下を向いたり、上を向いたりしがちですがこれは見た目もカッコ悪いですし、余計に疲れるので止めましょう。

STEP3:正しいフォームをイメージする

今までのポイントをイメージしながら走りましょう。初めのうちは意識していても疲れてくるとフォームが崩れてしまいがちです。

それでも常にキレイなフォームをイメージすることで、徐々にキレイなフォームで安定して走れるようになりますので頑張ってみてください。

STEP4:鏡を使ってフォームをチェックする

ランニングの前などに鏡で自分のフォームがおかしくないかチェックしてみましょう。

実際に走っているとフォームは確認できないので、事前に鏡などでフォームをチェックしてイメージが出来上がったら走りに行くのがいいでしょう。

実際に走ってみて

体の疲労感が和らぐような感じがします。あと呼吸が乱れにくくなりました。以前は後半になると息が苦しい時がたまにあったのですが、その頻度がかなり減りました。フォームを改善した成果が現れたのを実感できました。

おわりに

いかがでしたか?キレイなフォームは疲れにくくなり、また長く距離を走ることができます。今回の記事を参考に、フォーム作りをしっかり行なってランニングを楽しんでください。

(image by 足成)
(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130601180846 51a9ba1e96033 thumbnail
  • 20130601181534 51a9bbb68a1f5 thumbnail
  • 20130602145114 51aadd523584e thumbnail
  • 20130602145531 51aade53541c5 thumbnail
  • 20130601181534 51a9bbb678d39 thumbnail

本記事は、2013年06月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る