生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 日本帰国時の入国審査について

日本帰国時の入国審査について

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

現在海外在住の筆者は日本へ帰国する時は成田空港を利用します。

ちなみに筆者はオーストリア在住ですが国籍は日本なので日本人として日本へ入国しています。

ここでは成田空港到着時の入国審査について説明します。

入国審査の手順

空港到着

忘れ物が無いか確認して飛行機から降りて通路をひたすら進みます。通路は一本道なので迷うことはありません。

検疫検査

入国審査の前に検疫検査のカウンターがあります。体調が悪かったり発熱している方は検疫を受けましょう。該当しない方はそのまま通り抜けます。

入国審査

日本国籍の方は日本人専用、外国籍の方はそれ以外の窓口へ並んで審査を受けます。

日本人の方の場合はほとんど質問も無く終わります。滞在が長い場合は目的などを聞かれる場合もあります。

審査の際、パスポートを提示するのであらかじめすぐに取り出せるようにしておきましょう。

荷物受け取り

大変混雑します。受け取る際は自分の荷物の確認をしっかりしましょう。

税関

携帯品・別送品申告書とパスポートを提示します。申告する物が無くても申告書は提出しなければなりません。

筆者は初めて海外へ渡った際、申告する物が無い場合は書かなくてもいいと勘違いして申告書を書かずに税関を通ろうとしてしまいました。

申告書には搭乗した飛行機の便名、滞在した国、パスポートの番号など色々と書かなければならないので荷物受け取りで混雑している中で書類を書くのはとても面倒でした。

この申告書は荷物受け取りの際のフロアにもありますが、帰国する時の飛行機の機内でも配られるのでその際に書いておいた方が楽になります。

注意

海外へ長く滞在した方、頻繁に海外へ行かれる方は入国審査時よりも税関で旅行について事細かに聞かれます。これまでに聞かれた事は滞在目的、現地で何をしたか、頻繁に海外へ行くのかどうかです。

筆者は荷物を開けられた事はありませんが、時々荷物の中身を開けるよう言われる方も見かけます。違法物の持ち込みなどを考えての事なので、適当にやり過ごそうとせずにしっかりと答えましょう。

アドバイス

日本だからといって安心していると、時には海外での入国審査より厳しく質問されて戸惑ってしまう事もあるかもしれませんが言動や態度が怪しいと余計に疑われてしまいます。

毅然とした態度で臨みましょう。

おわりに

この記事が少しでもこれから海外旅行をする方に役立てば幸いです。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130415213906 516bf4eaaf6d8

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る