\ フォローしてね /

洗濯機で綺麗に!自宅でドレープカーテンを洗濯する方法

一般的な部屋側のカーテン、つまりドレープカーテンをご使用されているご家庭では、毎日カーテンを開け閉めしますよね。

そのため埃やダニ以外にも手垢もつきますし、表面上では汚れていないように見えても、お洗濯してみると、その洗濯水の汚れにビックリするはずです。

特にタバコを吸われるご家庭では、凄まじい早さでカーテンも汚れますので、定期的にお洗濯することをおすすめいたします。

自宅で洗えるドレープカーテンの見分け方

お洗濯表示を確認し、水洗いOKのものであれば、ご自宅でお洗濯が可能です。

このカーテンの場合、洗濯機の標準のコースで40℃以下の水で洗えます。塩素系漂白剤の使用は不可、アイロンは低温で当て布をしてかけられます。

また、石油系溶剤でのドライクリーニングも可能なようです。

用意するもの

  • ドレープカーテン
  • お洒落着用洗剤または普通の洗濯洗剤
  • 柔軟剤
  • 洗濯用ネット
  • 洗面器
使用する洗剤は、カーテンのお洗濯表示を参考にして選んで下さい。

自宅でドレープカーテンを洗濯する方法

STEP1:カーテンレールからカーテンを外す

カーテンレールからカーテンを外し、カーテンフックも外します。

STEP2:カーテンを畳んで洗濯ネットに入れる

カーテンを軽く畳んで洗濯ネットに入れます。

筆者のカーテンの洗濯表示には、洗濯ネット使用の表示はありませんでしたが、洗濯ネットに入れた方が型崩れを防げるので使用しています。

STEP3:手洗いコースを選択する

手洗いコースを選択し、カーテンが浸るくらいの水位に設定します。

お洗濯表示では、標準コースで洗える表示はありましたが、手洗いでコースの方が優しく洗えて生地も傷みにくいので、初めてカーテンを洗う方は手洗いコースに設定した方が無難でしょう。

STEP4:柔軟剤を入れる

柔軟剤をセットします。

STEP5:カーテンを洗濯する

洗剤液をあらかじめ水に溶かしてから、カーテンを洗濯機に入れて洗います。

カーテンを洗濯機に入れる際は、洗濯機を一時停止させてから入れましょう。

STEP6:カーテンフックを洗う

カーテンフックも汚れていますので、水洗いします。

洗面器に洗剤液を作り、ざっと洗ったら水が綺麗になるまで何度かすすいで、タオルで水気を拭き取ります。

STEP7:干す

元のようにカーテンフックをつけて、カーテンレールにかけて干します。

天気の良い日に、風通しを良くして干すと早く乾きます。

注意点

カーテンを洗う際には、フックを外し忘れることのないように注意しましょう。

生地を傷める原因となってしまいます。

おわりに

ドレープカーテンもご自宅で簡単に洗えますので、ぜひ定期的に洗って綺麗にしてあげて下さいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。