\ フォローしてね /

基本性能で選んで快適!全自動洗濯機選びのポイント

このライフレシピのもくじたたむ

洗濯機は生活必需品で、ほぼ毎日使う家電です。そこで基本性能を重視した洗濯機のおすすめポイントを紹介します。

全自動洗濯機の選び方

ポイント1:サイズ

洗濯機を購入する上で最も重要なのが洗濯機の大きさです。洗濯機を設置する場所のサイズを必ず測ってから購入します。

筆者の洗濯機置き場の横幅は57cmと狭かったので、約52cm幅の洗濯機を購入しました。

購入前に必ず設置場所のサイズを測りましょう。また洗濯機を運ぶ玄関やドアの横幅も必ず確認することを忘れないでください。

ポイント2:基本的な機能が付いている

いくら多機能でも使わなければ意味がありません。基本的な機能をまず確認します。

  • 柔軟剤投入口
  • クズ取りネット
  • 予約機能

上の写真左は「柔軟剤投入口」、右は「クズ取りネット」を撮影したものです。

その他に衣類の状態や汚れ具合の洗濯メニューは必要です。

ポイント3:洗濯槽のカビ対策

洗濯槽はどうしても湿気が溜まりカビが生えやすくなるものです。樽洗浄コースやカビクリーン機能の付いた洗濯機を選んだ方が長く快適に洗濯機を使用できます。

筆者の洗濯機購入の決め手となったのが、ステンレス槽です。6年以上使用していますがプラスティック部分の劣化に比べ、ステンレス槽は今でもとてもきれいです。

ポイント4:エコ性能

洗濯機の使用電力はかなり大きいので、待機電力ゼロなど節電に気を配ったものを選ぶのが◎!

また、洗濯機にはドラム式とタテ型の二種類ありますが、それぞれどこに電気代がかかるかが異なります。

  • ドラム式:洗濯時は電気代が高い・乾燥時は電気代が安い
  • タテ型:洗濯時は電気代が安い・乾燥時は電気代が高い

洗濯だけして乾燥は使わないなら、筆者のようにタテ型のものがおすすめ。日常的に乾燥も使うなら、ドラム式がいいかもしれません。

おわりに

洗濯機は一度買うと、それこそ壊れるまで使う家電です。基本的な機能のしっかりした使いやすい洗濯機を選びましょう。また洗濯容量はできるだけ多いほうが大判の毛布など洗え、使い勝手がいいです。

この記事が皆さんの全自動洗濯機購入の参考になれば幸いです。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。