生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 値段が分かりにくく無難なものを!葬儀・告別式の会葬御礼品を選ぶときのポイント

値段が分かりにくく無難なものを!葬儀・告別式の会葬御礼品を選ぶときのポイント

2013年05月29日作成

 views

葬儀に出た時には、深く考えずに受け取る会葬御礼品ですが、送る側は選ぶ時に何も考えないわけにはいきません。「お礼の品」なのですから。

この記事では、葬儀・告別式の会葬御礼品を選ぶときのポイントをご紹介します。

葬儀・告別式について

  • 故人:義母(夫の母親)
  • 喪主:義父(夫の父親)
  • 場所:セレモニーホール(義父母が会員になり葬儀積立をしていた)
  • 参列者:親族25名 会社関係・故人の友人・ご近所さん75名
  • 会葬御礼品:1000円程度の今治タオル(1枚)

選ぶときのポイント

ポイント1:予算

先立つものをまず考えておかなければいけません。金額によって、選択肢も変わってきます。ですが、多ければ良いと言う事でもありませんし、少なくても良いと言う事でもありません。

地域的な傾向や相場があることも考えられます。筆者の場合、葬儀屋さんのご提案もあり、予算は1つ1000円と決めました。

ポイント2:期限が無い物を選ぶ

最近は葬儀屋さんがほとんどの段取りを取り仕切ってくれ、必要な物は提案された中から選ぶ事がほとんどでしょう。すべての段取りを自分たちだけで行う葬儀は少なくなっていると思います。

それでも、渡す相手の都合を考えれば、期限がある物はあまり適していないと思われます。

たいていの場合、受けとった会葬御礼はすぐに中身を確認されると思いますが、皆が皆そうとは限りません。お忙しい中参列されているのですから、都合の良い時に良いようにできるものが良いと思います。

ポイント3:貰って迷惑ではないものか

ポイント1と2に当てはまるからと言って、飲めない人にお酒を渡したり、持って帰るのにひと苦労するような大きなものや重い物を渡すと、どう考えても迷惑ですよね。

いろんな方がお越しになられますから、どなたにも困らない物を選ぶと良いと思います。誰かに合わせると必ず困る人が出てきます。「無難な物」がベストです。

おわりに

筆者は、ポイント1~3をふまえ、「今治タオル(1枚)」にしました。タオルなら、何枚あっても困る方は少ないと思ったからです。

さらに「タオル1枚だからさほど高くない、でも今治だから高級感がある。」と考え、もともと値段が解りにくい物にしたかったので即決しました。金銭的な部分にしか目が行かない人だっていらっしゃいますから。

その他、数人で決める場合はこれらのポイントを踏まえながら相談し、地域の決まりがある場合はその決まりを優先して、葬儀に参列いただいた皆様へのお礼の気持ちを伝えられるような品物を選びましょう。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130527121708 51a2d0340991f

本記事は、2013年05月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る