生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 相手の立場や価値観を受け止めよう!年上彼氏と上手く付き合った体験談

相手の立場や価値観を受け止めよう!年上彼氏と上手く付き合った体験談

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

当時の恋愛事情

筆者は、年上の男性としかお付き合いをしたことがありません。何度か経験を重ねていくうちに、上手なお付き合いの仕方を学んだと思います。

当時は恋人同士という関係で、20歳以上も年齢が離れている人がいました。下手をすると、親子にも間違えられてしまうような年の差です。

彼との関係性

出会いは偶然で、向こうから話しかけられたのがきっかけでした。相手は大人なので、色々と相談にも乗ってもらっていました。そうしている内に親密になり、一緒にいたいと思うようになって、筆者から告白しました。そして、今では夫婦として暮らしています。

付き合っていたときは、年の差はあまり気にせず、普通にデートをしたりしていました。同い年のカップルとあまり変わらず、ケンカもしたりしました。

年上彼氏の特徴と対処

経験から叱ってくれる

年上彼氏と付き合っているときには、叱られることが多かったです。最初は何が間違っているのか分からなくて、何で怒られているんだろう、とずっと疑問でした。

そういった疑問にも、ひとつひとつ丁寧に答えてくれるので、ただ怒られるだけじゃなかったことを覚えています。

叱られたり注意されたりしたときには、素直に受け止めておくことが必要だと、このとき感じました。反発しても、人生経験のある年上の彼氏には通じません。それどころか更に状況が悪化してしまって、ますます怒らせてしまう原因にもなってしまいました。

叱ったり、注意してくれているときには、素直にその言葉を聞くようにして、同じことを繰り返さないように気をつけました。

価値観が違う

若いうちは勢いで何でもできてしまいますが、ある程度年齢を重ねると責任が出てきてしまって、何でも自由になるわけではないことを知りました。その中で価値観が違うことがたくさんありました。

結婚に対しても、年上になればなるだけ失敗できないという気持ちがあります。でも筆者は若いので、あまり深く考えたりはしませんでした。その価値観の違いから、ケンカに発展することも多々ありました。

そういう時は、相手の立場で考えてみることにしました。相手の立場に筆者が居た場合、軽く考えられることと、ちゃんと考えなくてはいけないことが、筆者だけの立場とは違っていることに気付きました。

年の差があると価値観が違うことは当たり前なので、相手の立場で考えてみると、新しく分かることがあると思いました。

仲良く付き合うために

こんな体験を踏まえて、仲良く付き合っていくのに筆者が気をつけたことは、「大人ぶらない」ことです。

変に背伸びをしてしまうと、分からないことも聞けなくなったり、相手のことを考える余裕がなくなってしまいました。

なので、分からないことは素直に聞いたり、意見は受け入れたりしながら、相手のことを常に一番に考えるようにしていました。そうすることで、自分の気持ちだけで先走ることもなく、相手の立場も考えて行動することができました。

その結果、ケンカすることも減り、悩むことも少なくなりました。

このタイプの彼氏に悩む読者へアドバイス

相手は年上で大人なので、悩んでいることがあったら素直に打ち明けてみるのもいいかもしれません。

そのときにも、相手は自分の悩みに対してきちんと考えてくれているのだから、変に意地を張ったりして否定しないで、素直に受け入れるようにしましょう。

年上彼氏が「どうして注意や意見を言っているのか」を考えてみると、全てはこれからの将来がある、年下の彼女のためです。

なので、「素直になること」が一番だと思います。

さいごに

年の差はそれだけで不安要素にもなります。でも、年上彼氏の経験から学べることもたくさんあります。いいところを自分から学ぶようにしていたら、いいんだと思いました。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130524133126 519eed1eaa375

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る