生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ビジネス英会話を習得してキャリアアップ!ビジネス英会話を学ぶ方法

ビジネス英会話を習得してキャリアアップ!ビジネス英会話を学ぶ方法

2013年11月05日更新

 views

お気に入り

はじめに

グローバル化の波に、あなたは乗れていますか?日本企業でも、社内公用語が「英語」なんて会社もちらほら出てくる時代になりました。

「日常英会話なら少し..」「TOEICは高得点なんだけど..」では通用しないのが現実ですよね。

ビジネスの場で通用する英会話を身につけるには、コツがあります。このコツをマスターすれば、仕事での評価もぐんと上がるはずです。

著者の当時のレベル&目標レベル

当時のレベル

著者も昔は「日常英会話なら少し..」というくらいのレベルでした。外国人の同僚と話していても、聞き取れない事も多く、自分の言いたい事も短文でしか返せないといった状況です。

自分の言いたい事が上手く伝わらない→自信が持てない→不安げな表情になる→結果として外国人の同僚から対等に見てもらえなくなる、という悪循環だったのです。

「このままでは仕事に支障をきたす」と危機感を抱き、まず最初のステップとして英会話スクールの体験レッスンを申し込んだのです。

目標レベル

目標とするのは、「仕事で使える英語力」です。単に、伝わればいいというレベルではなく、ビジネスの場で恥ずかしくない会話力を目指しています。

日本語にも敬語や、フォーマルな場での話し方があるように、英語にもシーンによっての言い回しがあるのです。

相手が同僚なのか上司なのか、それとも取引先なのかによっても異なります。こうした状況を把握した上で、英語で「言葉を選んで話す」事が目標です。

活用しているスクール・教材

マンツーマン英会話Gaba

まず初めに、友人の紹介でマンツーマン英会話GABAの体験に行ってみました。

学生時代、他の英会話スクールでグループレッスンを受けた事があり、グループでは上達が遅いと感じていたので、マンツーマンを専門にしているGABAにしてみたのです。

カウンセラーに「ビジネス英会話を習得したい」と相談したところ、ビジネス英語が得意なインストラクターを紹介してくれました。

最初からビジネス英会話を独学で勉強するよりは、ベースを作る意味で手始めに英会話スクールなどで習うのも良い方法と感じました。

インストラクターを毎回自分で選択出来るので、安心です。
公式ホームページ:Gabaマンツーマン英会話

お勧め教材

これまで、様々な参考書や教材を購入してきましたが、中でも1番お勧めしたいのが、「英語で働く人のための場面別ビジネス英会話」です。

ビジネス英語に特化したもので、実際のビジネスの場でよくあるシーンばかりなので、初中級者には特にお勧めです。上級者でも再確認する意味では良いのではないでしょうか。

ダイアログごとに「Tips」がもうけられており、色々な情報が載っているので面白いですよ。この「Tips」と言うのは、例えば「英文履歴書の書き方」や「名刺交換のマナー」、「間違えやすい和製英語」などです。

意外と知らない、ビジネス英語の豆知識が載っていますので、勉強の合間に読むのも楽しいと思います。

CDも付いているので、イメージしながら練習するのに最適です。

具体的な勉強方法

英語で説明をする

英会話スクールで購入した教材は、1レッスンごとに最初に「絵を見て説明をする」ような作りになっていました。一枚の絵だけを見て、そこで何が起きているのかを説明します。

この「説明する」という作業は、意外と難しいのです。

1人の時でも、誰かに説明するような感じで行うとより効果的です。自分の知っている単語、フレーズの幅を広げる良い勉強方法ですので、試してみてください。

よく使われるフレーズは暗記、そしてアウトプット

使用頻度の高いフレーズは、暗記してしまうのが1番です。暗記の仕方としては、「声に出しながら書く」事です。何度も何度も書いてください。声に出す事で耳から、書く事で手から、そのフレーズが頭にインプットされるようになります。

そしてインプットしたフレーズは、使う。つまりアウトプットです。
いくら暗記しても、使わないと次第に記憶が薄れていってしまいますよね。

フレーズだけでなく、単語も同じ。覚えた言葉は、なるべく早くかつ何度も使うようにしてください。使えば使う程、自分のものになっていきます。そしていつの間にか、意識しなくても自然と使えるようになるのです。

シャドーイング

ネイティブの人が読んだ英語の文章を、追いかけるようにして音読する事をシャドーイングと言います。

シャドーイングの効果としては..

  • 英語の早さについていけるようになる
  • 英語の発音やイントネーションに慣れる
  • 区切りなどが分かるようになる

ビジネスシーンでは、あなたのペースに合わせて話してはくれません。自分がスピードに慣れるしかないのです。焦って聞き漏らす事のないように、普段からネイティブのスピードを意識しましょう。

著者は、このシャドーイングを前述の英会話スクールで教えてもらいました。レッスン中に、インストラクターに英文を読んでもらい、自宅ではCDを流し行いました。

独学でシャドーイングを行う方は、教材についているCDを利用しましょう。

モチベーションの維持

英語を使って成功している上司に会う

英会話の上達を実感出来るのは、始めてから約半年後だと言われています。なかなか上達が見られないと、モチベーションが下がってしまうのも仕方ありません。

そんな時は、英語がペラペラな上司と会ってみてはいかがでしょうか。アドバイスを貰う事も出来ますし、「自分もこうなりたい」という想いからモチベーションを維持できると思います。

ビジネスシーンの多い洋画を観る

「WALL STREET」「WHAT WOMEN WANT」など、ビジネスシーンが多く出てくる洋画を観ると、「こういう使い方も出来るのか」「この表現知ってる」など発見が多くあり、面白いと思います。

好きな出演者が出ている洋画やドラマをチョイスするのも、効果的だと思います。

おわりに

著者は、このやり方で目標レベルに近い状態まできています。ポイントは、楽しんでやる事です。

上記のポイントを参考に、ご自身の勉強スタイルを作ってみてください。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130524112626 519ecfd27f40d
  • 20130524151617 519f05b1c1ad2

本記事は、2013年11月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る