生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. コンパクトカメラにピッタリ!小さく持ち運べる三脚の選び方

コンパクトカメラにピッタリ!小さく持ち運べる三脚の選び方

2013年11月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

デジタルカメラの普及と共に、本格的に写真の趣味を持つ人でなくても、小さな三脚を持っている方が増えてきました。コンパクトデジカメを常時携帯している筆者が、購入したときのポイントをご紹介します。

著者が持っている三脚について

  • メーカー:king
  • 価格:2000円弱
  • 購入時期:2011年11月頃
  • スペック:専用ポーチに収まり、6段階に高さが調節できる

三脚の選び方

ポイント1:持ち運びやすい

三脚コーナーに陳列されているもののほとんどが、プロのカメラマンが使うような本格的な三脚です。それだと、気軽に持ち運ぶのは容易ではありません。畳んだ時になるべく小さくなるものを選びましょう

普段外出する時の鞄に収まる大きさのものだと、三脚を持ち歩くとき大げさになりません。写真の三脚には、一番小さい状態にしたときに入る約20cm程の専用ポーチが付属しており、それに入れて携帯しています。

ポイント2:それなりの高さがある

手のひらサイズの小さなミニ三脚も沢山売られています。著者も、16年前、中学生の時に初めて見て感激し、頑張ってお小遣いで購入し愛用していました。

しかし、ミニ三脚だけでは高さが足りないことばしばしばあり、ミニ三脚は今でも健在なのですが、もっと高さのあるものを購入することにしました。

写真の3脚は最大70cm程の高さにまでなります。それより高いところから写真を撮る必要がある場合は、プロが持つような本格的なものを購入した方が良いでしょう。

ポイント3:簡単に高さが調節できる

せっかく高さが調節できても、あちこちにネジが沢山あって、調整するのが大変だと、撮影に負担がかかってしまいます。簡単に高さが調節できるものを選びましょう。

高さを調節するのに三脚以外の器具が必要にならないものや、ネジ部分が少ないものが操作が簡単です。著者の三脚は引っ張れば伸びて、押し込めば縮むという非常に単純な造りのものです。

おわりに

いかがですか?写真だけでなく、動画を撮る時にも活躍する三脚、お手持ちのカメラに合った三脚が見つかるといいですね。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130523233726 519e29a6dde78

本記事は、2013年11月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る