生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. さらに旅行が楽しくなる!フランスで役立つフランス語

さらに旅行が楽しくなる!フランスで役立つフランス語

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

この記事ではフランスで役立つフランス語をご紹介します。

フランスへ行くなら、フランス語を熟知まではしていなくても「こんにちは」や「さようなら」などの挨拶の言葉や、「ありがとう」などの感謝の一言を知っておくと、かなり味のある旅ができます。

特にフランスでは、一言でもフランス語を言えば随分周りの反応が変わりますので少し覚えておくといいと思います。

筆者の渡航歴

3~4回、日数にすれば40日くらいは滞在したことがあります。基本会話を少し覚えている程度です。滞在中話しかけられて覚えた言葉もあります。

基本の一言

挨拶

  • 【Merci.(メルシー)】:「ありがとう」
  • 【Au revoir.(オボワール)】:「さようなら」
  • 【Bonjour.(ボンジュール)】:「こんにちは」
  • 【Bonsoir.(ボンソワール)】:「こんばんは」

ご存知かもしれませんが基本の一言です。

機嫌を伺うときの言葉

「ご機嫌いかが?」

【Comment allez vous?(コマン タレ ヴー)】:「ご機嫌いかが?」

フランス語で「ご機嫌いかが?」は上のように言います。

初対面や目上の人に向けての挨拶です。

元気なとき

【Très bien merci et vous?(トレビァン メルシー エ ヴー?)】:「元気よ、ありがとう、あなたは?」

「ご機嫌いかが?」と言われたら、元気なときはこのように答えます。

あまり元気でないとき

【Comme ci comme ça et vous?(コムシ コムサ エ ヴー?)】:「まぁまぁかな、あなたは?」

あまり元気でないときはこのように答えましょう。

相手から聞かれたらこちらからも「あなたは?」と聞くのが礼儀のようです。そこから話が広がっていく感じですね。

機嫌を聞く簡単な言い方

【Ça va?(サヴァ)】:「元気?」

相手の機嫌を聞く言い方のうち、ラフで簡単な言い方です。2、3回「サヴァ?サヴァ?サヴァ?」と言えば、「ねー元気元気元気?」みたいなノリになります。

この場合、元気なとき【Ça va bien.(サヴァ ビヤン)】と返せば「めっちゃ元気よ!」という感じで伝わります。

少ししか話せないことを言うときの言葉

「少ししか話せません」

【Je ne parle pas très bien français.(ジュ ヌ パルル パ トレ ビヤン フランセ)】:「ちょっとしかフランス語を話せません」

こちらが少しフランス語を言うと、次にすごい早さで話されたりして、相手が何を言っているのか分からなくなる、ということがあると思います。そのときはこのように言いましょう。これを言うと優しく解り易く言ってくれたり、難しい事は言わず優しくゆっくりしゃべってくれます。

実際の体験

ニースへ行ったとき、天気が悪くてなんとなく気分も優れなく、おそらく冴えない顔をしていた筆者に、すれ違ったおじさんが「コマン タレヴー?」と言ってきました。

答えなきゃ、と思っていたらおじさんがさらに「サヴァビヤン?」と聞いてきたので、「サヴァビヤン!」と答えました。この一言二言の会話で、なんとなく冴えなかった気分が元に戻りました。

またリヨンで列車待ちをしているとき、現地の人に話かけられました。話していることがよくわからなかったので「ジュ ヌ パルル パ トレ ビヤン フランセ」と言ったら、優しくゆっくりわかりやすく説明してくれました。

そこから「どこへ行こうとしているの?」など色々話が弾みました。何言ってるかわからないときに便利な言葉だと実感しました。

フランスへ行くにあたり言葉についてアドバイス

英語は通じにくい

フランスは英語が通じにくい国だと言われます。以前よりは若い世代の方は話せたりしますが、やはり近隣のドイツやオランダに比べると通じにくいというのが実感です。

また「自分は英語を話します」というフランス人との会話のやりとりでも、途中から若干通じにくくなったりする場合があります。地方は尚更です。

ミニ会話本を持っていくと良い

ミニ旅行フランス語会話本がある方が安心です。ここで紹介した以外にも便利なフレーズがあり、旅行の助けになると思います。

筆者の場合、ホテルでお湯が出なかったことがあり、そのとき会話本の「お湯が出ません」と書かれた部分を指差してスタッフに伝えたら、ちゃんと理解してくれました。英語が全くわからないスタッフだったので助かりました。

おわりに

少しでもフランス語が話せれば、味のある旅になることは間違いないので、フランス語を少し覚えて楽しい旅をしてきて下さいね!

(photo by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130515102937 5192e501d540a

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る