生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. マイカーローンの返済計画のポイント

マイカーローンの返済計画のポイント

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

筆者は最近、車を買い換えました。頭金を入れ、残りの100万円をローンにしました。

ローンを組むにあたって試算したことや気が付いたことをご紹介します。

返済計画を立てるときのポイント

ポイント1:ローン以外の費用も考慮する

車の買い替えで変わってくる経費は下のようなものがあります。

  • ガソリン代
  • 自動車保険
  • 自動車税
  • 車検費用
  • 駐車場代(軽専用から普通車用に変更・・など)

また、気が早いようですが次に買い替えが必要になる時期を予測し、それまでには払い終えて次の頭金までできれば貯めておければ安心です。

燃費はカタログに記載のものではなく、実燃費で計算した方が確実です。

筆者の場合、これまでの月々のガソリン代が約35.000円だったのが買い替えで15.000円に抑えられ、他は大きな変化なしの予定なので、ガソリン分を自動車ローンにあてています。

ポイント2:金利は「実質年率」で!

実質年率 = 金利 + 保証料

各ローンの資料を見ると、大きく書かれた金利の下に「別途保証料○%」と書かれていることがあります。

たとえば金利2.2%で保証料が年0.7%のところだと実質年率は2.9%ですので、「保証料込2.7%」のローンの方が総支払額は安く済むことになります。

金利を比較した総合サイトなどもありますが、比較サイトに載っていない地元の銀行などもぜひ調べてみてください。

筆者の場合は、地元の銀行で「給与振込がある人は金利優遇」という内容のキャンペーンを見つけ、それを利用しています。

ソニー銀行 金融電卓(ローン):予算と年数から、必要な金額から・・など3パターンの計算が手軽にできる便利なサイトです。

ポイント3:無理のない金額で組み、繰り上げ返済を使う

故障や事故など、車には突発の出費がありがちですので無理なローン返済は禁物です。

無理のない金額で返済計画を組んでおき、余裕ができれば繰り上げ返済をするつもりで借入先を検討しました。

そこで、金利以外にも重視したポイントがあります。

  • 繰り上げ返済の手数料
  • 繰り上げ返済の最低金額
  • 繰上手続きが本人以外でも可能か

筆者の夫名義でのローンですが、繰り上げ返済の手続きなどは家計を管理している筆者ができた方がスムーズなので、3つ目の項目も重視ポイントに入れています。

おわりに

筆者の条件から最終的に選んだのは、地元の銀行ローンです。

給与振込があれば金利優遇が適用されるので、金利は保証料込2.7%、繰り上げ返済はネットバンキングで手続きOKです。

繰り上げ返済が50万円以上というのがハードル高めですが・・・年1回の繰上を目標に頑張ってみようと思っています。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130522093029 519c11a52038d

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る