生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 塔に登ろう!ジャカルタのおすすめスポット「独立記念塔MONAS」

塔に登ろう!ジャカルタのおすすめスポット「独立記念塔MONAS」

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

ジャカルタは、インドネシア共和国の首都であり、政治・経済の中心地、人口1,000万人を超える東南アジア最大のメガ・シティ。ASEAN(東南アジア諸国連合)の本部もおかれています。

以前から登りたいと思い、はじめて登って感激した独立記念塔「MONAS(モナス)」をご紹介します。

旅の概要

毎年インドネシアには観光と仕事を兼ねて訪問しています。ジャカルタへは2010年にジャカルタ近郊への出張を含めて、1週間ほど滞在しました。

独立記念塔の知識

ジャカルタは、この高さ137mの塔を中心に広がっていて、市内移動の際には、どこからでも見えるので便利なランドマークになっています。

ジャカルタの中心地ムルデカ広場の中心地に建つ、白い大理石タワーで、1975年に創建されました。約350年続いたオランダ植民地からのインドネシア独立の解放の喜びと不屈の独立精神を象徴しています。

独立記念塔への行き方

ムルデカ広場への行き方

MONASのある「ムルデカ広場」へは、基本的にホテルからタクシーを利用します。

インドネシアのタクシー代は日本の感覚からすると4~5分の1で、広場は市の中央部にあり、どこから行っても1,000円はかかりません。ホテルがタムリン地区という中心部だと、200円以下です。

もちろん、バスや鉄道でもいけますが、宿泊地にもよってはどうしても乗換が必要となり、しかもバスや鉄道は冷房がない上に混雑はひどく、また外国人はとくにスリによく狙われますので、おすすめできません。

基本的にジャカルタ市内観光の移動手段はタクシーです。タクシーの中でも、「ブルーバード」という青い車体のタクシーは、より安心です。

MONAS内部への行き方

広場へ入る門の後で、タワー内部へ行ける地下道があるので、地下に入ってタワー入り口まで進むことになります。

地下道入り口はわかりにくいので、観光客目当ての写真屋や物売りがやってきますので、その人たちに入り口を聞いてみましょう。または、観光客の動きを注意深く見ているとわかります。

独立記念塔の見どころ

タワーの基部の博物館

地下道をくぐってチケットを買うと、タワー基部へ行けます。ここはクーラーの効いた博物館になっており、インドネシアの歴史がジオラマで再現されています。

100万年前のジャワ原人から現代までの歴史ドラマが、ジオラマでストーリー展開されているので、見るだけでだいたいの歴史を理解することができます。

展望台は地上137mの絶景

展望フロアは下界とは別世界で、開放感もこの上なくとてもいい気持ちです。

北側に巨大モスク、その先にかつて帆船が行き交ったジャワ海が望めます。東側には、巨大教会、列車の駅があり、ここが長距離列車の発着駅ガンビル駅です。西に国立博物館があります。

周辺にニョキニョキ立つ高層ビル群から、ジャカルタの経済成長と人口1000万の巨大都市を実感できます。

なお、真下に広がる広大なムルデカ広場は、かつてインドネシアを植民地支配したオランダの都市計画による公園跡です。複雑な歴史も感じることができます。

よかったところ・イマイチだったところ

よかったところ

東南アジア最大の都市を眼下に見て、その大きさと高層ビル街を見るにつけ、経済の活力が実感できます。

バリ島などの有名観光地では、入場料が国内と国外観光客向けの2種類であることが多く、外国からの観光客値段は、だいたい国内客の10~30倍に設定されています。ですが、MONASは国外観光客向けの値段設定はされておらず、一般インドネシア人と同じ入場料約100円、登頂料約100円です。その点は、現地の経済感覚が実感でき、よいなと思いました。

イマイチだったところ

けっこう広い見学場所ですが、おしゃれなカフェやレストランがないところです。あるのは小さい売店くらいで、こういうところは、先進国とは勝手がちがうのだと思いました。

また、エレベーターの定員は15名なので、団体さんが先にいる場合は、1時間くらい待たされることはよくあることです。なお、金曜日はイスラム教の休日関係で、午後3時でエレベーターが止まりますのでご注意ください。

著者は、初めて訪れたときがたまたま金曜で、いざ登ろうと思ったときはエレベーター営業が終わっていて、がっかりしました。

おわりに

いかがですか?

あなたも東南アジア最大の巨大都市ジャカルタをひと目で見てみませんか?下の売店で飲み物を買って、涼風吹きわたる展望台で飲むと、最高の気分ですよ。

近くには観光スポットである歴史的モスクや教会、国立博物館があり、徒歩で訪ねることできますのでおすすめです。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130522171533 519c7ea5c7eba
  • 20130522171632 519c7ee0ab5f6

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る