生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 仕事は仕事、恋愛は恋愛!社内恋愛でも幸せに恋愛した体験談

仕事は仕事、恋愛は恋愛!社内恋愛でも幸せに恋愛した体験談

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

24歳の時、同じ職場の男性と恋愛をしていました。この記事では、社内恋愛でも幸せに恋愛した体験談をご紹介します。

相手との関係性

相手の男性

相手は3歳年上の男性で高校時代・大学時代とラグビーをしていた体格のいい男性でした。ラガーマンだったので胸板が厚く、重い荷物も全て持ってくれるような頼りがいのある方でした。

恋人との関係性

付き合い出したきっかけは、社内の若手飲み会に参加したことです。社内の20代の社員が集まる飲み会があり、丁度隣の席に座り、最初はしゃべっていませんでした。

ですが、カクテルを著者が注文した時に「1口ちょうだい」と相手の男性が勝手にカクテルを飲んだ際に間接キスだと思って、男性として意識し始めました。自分からしゃべり始めると、話が合って、意気投合しました。

メールアドレス交換をして、毎日メールをし合ったり、お休みの日にはデートに行くようになって自然に付き合うようになりました。

社内恋愛をしたい方は社内の飲み会にどんどん出ることをオススメします。出会いのチャンスが沢山あります。

同じ職場にいることで問題になったこと

会社にお局がいたので、社内恋愛はあまりいい目で見られないので、付き合っていることを隠していました。ですが、それが大変でした。

例えば同僚から、「恋人いるの?」と聞かれても「いないよ」と嘘をつくのも大変でした。また、恋人がいないならと合コンに誘われますが、その誘いを断るのも苦労しました。

お互いが付き合っていることを隠すために、一緒に帰宅したい時もわざわざ社内の人が絶対にこない喫茶店で待ち合わせして、著者がマスクなどをして変装して帰宅していました。

職場内恋愛のコツ

「仕事は仕事、恋愛は恋愛」ときっぱり分けて考えることをオススメします。

社内恋愛を周囲が認めてくれている会社ならいいですが、特に、まだ結婚をしていない高齢の女性の前で社内恋愛をしていることを知られると白い眼で見られます。

仕事中は恋人を恋人で見るのではなく、恋人を同僚として見ましょう。

恋人として意識をすると恋人と目が合うとニヤリとしてしまい、仕事に集中できません。恋人を同僚として意識し、男性として意識をしないと仕事に集中できるでしょう。

実体験をふまえて

恋人が社内にいることは大変でしたが、同じ社内で仕事を頑張っている姿を見て元気ももらえました。

社内恋愛でお互いがスキルアップできてとてもいいと思います。そこが社内恋愛をしていて幸せだったと思うことです。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130522213934 519cbc867eb04

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る