\ フォローしてね /

捨てれない人の不用品を見分ける大掃除の方法

はじめに

年末も近づき、もうすぐ大掃除の季節です。1年の汚れを落とし新しい年を気分よくはじめるための大切な行事です。

面倒で簡単に終わらせたいところですが、なかなか捨てれなかったような不用品をまとめて処分するチャンスでもあります。

この機会に思い切って部屋の雰囲気を変えてみましょう。

不用品を見分ける大掃除のコツ

すべての家具を違う部屋に移動する

部屋にあったものをすべて違う部屋に移すことで、掃除がやりやすくなると同時に、自分の部屋から出て行くことで、愛着だけで置いていたような不用品が気分的に捨てやすくなります。

そこにあることだけで意味を成していたものが、実際に必要かどうかでシビアに見られるようになります。

とりあえず外に出してみましょう。

隅々まできれいに掃除する

今まで家具などがあって掃除できなかったところをきれいにします。積もったほころを取り除くことができれば、もっときれいに部屋をセッティングしなおす気分が生まれてきます。

掃除しながら、何をどこに置こうかと考えていると、後で悩むことなくスムーズに新しく部屋をセッティングできるようになります。

住み始めたころのようにきれいにする。

必要なものだけを必要な場所にセットする

部屋がきれいになったところで必要なものだけをまず部屋に並べます。できるだけ片付ける前と違う配置にします。そうすることで今までセットとして並んでいたものの中で必要なものだけを分けて考えることができるようになります。

最後に不用品はフリーマーケットで販売するか、粗大ごみなどで処分します。

ゼロから必要かどうか考えることが大事です。

おわりに

部屋がきれいになったり、新しい雰囲気を持つことで気分も変わり、自分を変えることができるようになります。そして、新しいことに挑戦する気持ちなどが生まれやすくなります。

今までの自分に満足してこれなかった人や何かを変えたいと思っている人がいたら、新しい自分になるために不用品を処分しましょう。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。