\ フォローしてね /

4歳の子供にサッカーの楽しさを教える方法

はじめに

ワールドカップなどの盛り上がりもあり、サッカーを子供に習わせたいという親御さんは増えているようです。しかし、ただやらせるだけではすぐに嫌いになるかもしれません。

スポーツにはそれぞれ楽しみ方があります。そのポイントを抑えることで子供の興味や関心を引き出すことができます。

そこで、4歳くらいの子供を対象に、初めての子供にサッカーの楽しさを教え好きにさせる方法を紹介します。

はじめての子供にサッカーの楽しさを教え好きにさせるコツ

はじめはゴムボールから

はじめからサッカーボールを買ってあげようと親は張り切ってしまいますが、子供にとってはじめて蹴るサッカーボールは重くて、固いものです。

できるだけ柔らかく、反発力が高いゴムのふわふわしたボールからはじめましょう。子供が蹴って一番遠くまで飛びそうなボールが一番いいです。

サッカーボールは小学生からでよい。

アニメを見せてサッカーを知る

日本にはたくさんのサッカーアニメがあります。キャプテン翼やホイッスル、イナズマイレブンなどがあります。

アニメから入ること自然とサッカーを好きになるための土台を作ることができるし、大まかなルールを知ることができます。これはサッカーをやったことがない人にとって助かると思います。

必殺シュートやドリブルなどイメージに焼き付けることができるので積極的にボールを使った遊びができるようになります。

サッカーのルールはアニメが教えてくれる。

最初はシュートが楽しい

サッカーにはシュート、ドリブル、パスがあります。その中で最初からストレスなくできるのがシュートです。

公園などボールを蹴れるところで適当にゴールを決めて、できるだけシュートが決まりやすいところからシュートさせてほめてあげます。

そうすることでサッカーの楽しさを感じるようになり、遊ぶときはいつもボールを持っていくようなサッカー少年になるでしょう。

シュートでゴールを決める楽しさから教える。

おわりに

サッカーが楽しさがわかってきたら、サッカースクールなどに入れます。そうすると、みんなでやるともっと楽しいということを教えることができます。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。