生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ハロウィーンを盛り上げる!フェイスペインティングの方法(女の子編)

ハロウィーンを盛り上げる!フェイスペインティングの方法(女の子編)

2013年05月22日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

日本でも浸透してきたハロウィンパーティー、仮装をして集まるのは大人も子どもも楽しいものです。

ここでは、顔の仮装とも言える、フェイスペインティングを紹介します。簡単なデザインを選べば、素人でも意外と簡単にかわいくできて、とても喜んでもらえます。

著者がパーティーで、実際に描いてみたデザインを紹介します。模様の組み合わせなので、絵心はあまり関係ありません。

デザインは、インターネットで「フェイスペインティング」の画像検索をし、簡単そうなものを選びました。

準備するもの

著者はフェイスペイント用のクレヨンを購入し、使用しました。絵筆のように細かい描きこみはできませんが、素人が短時間で描くには十分です。

ペイントされる方は、汗や顔の汚れを取り、カチューシャやピンで前髪を上げておきます。クレヨンには黒が入っていないことが多いです。著者はペンシルタイプのアイライナーを使っています。

プリンセス風のやり方

STEP1:眉間にダイヤを描く

眉間にピンク色でダイヤを描き、白で縁取りします。

STEP2:ダイヤの左右から曲線を描く

ダイヤの左右から、眉毛に沿うように曲線を描きます。

STEP3:ピンクの丸を描いて完成

ピンクの小さな丸を描きこんで完成です。

プリキュア風のやり方

STEP1:眉間にハートを描く

眉間に赤でハートを描き、白で縁取ります。

STEP2:模様を掻きこむ

ハートの上、横、目じりに模様を描きこみます。

STEP3:赤い小さな丸を描いて完成

赤の小さな丸を描きこんで完成です。

バタフライのやり方(上級者向け)

プロのフェイスペイントでもよく見るデザインです。模様の入れ方など、少し難しいかも。

STEP1:目から頬にかけて蝶の羽根を描く

右目から頬にかけて、数字の3を描くように蝶の羽を描きます。左目も同様に描きます。下羽の色を変えるときれいです。

STEP2:羽を縁取って模様を入れる

羽の外側を黒で縁取り、羽にアゲハチョウのような模様を入れます。

STEP3:胴体と頭、触覚を描いて完成

鼻筋に胴体を表す長丸、眉間に頭を表す丸を黒で描き、触覚をおでこにくるくると描いて完成です。

おわりに

子どもだけでなく、大人も盛り上がれる仮装だと思います。クレヨンさえあれば、特別な道具も必要ありません。ぜひ、ハロウィンパーティーの際には試してみてください。

(image by amanaimages)
(Image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130522130053 519c42f597fa5
  • 20130507135220 518888844eaa1
  • 20130507135304 518888b0dbb75
  • 20130522130435 519c43d31634d
  • 20130522130458 519c43ea993bf
  • 20130522130515 519c43fbcc722
  • 20130522130542 519c4416b0739
  • 20130522130631 519c4447bbc96
  • 20130522130648 519c44582115a
  • 20130522130705 519c44694f0ee

本記事は、2013年05月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る