生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 少しの工夫で!ブラウスをカジュアルに着こなすコツ

少しの工夫で!ブラウスをカジュアルに着こなすコツ

2013年05月22日作成

 views

誰もが1枚は持っているであろう、シャツやブラウス。きちんとしたイメージが多いですが、合わせるアイテムや、少しの工夫でカジュアルにも着ることができます。

今回は、著者がブラウスをカジュアルに着こなすポイントをご紹介します。

目次

所有しているブラウス

  • ブランド名:ハニーズ
  • 種類:綿100%のブラウス
  • 特徴:襟が花柄なのがポイント。白色なので何にでも合わせやすいです。
参考:ハニーズ

ブラウスをカジュアルに着こなすコーディネート

コーディネート1

ブラウスの中に、黒ドッドのタンクトップを合わせました。春から初夏頃にピッタリです。ブラウスを上着風に着るために、ボタンは全部はずして、紐のネックレスをつけて、よりカジュアル感を出しました。

靴はスニーカーにして、中のタンクトップの色と合わせてみました。

コーディネート2

少し肌寒い日は、パーカーを合わせてカジュアルダウンしてみました。ブラウスはパンツの中に入れず、ボタンの上は1、2個はずしました。下は、ジーパンを合わせるとしっくりきます。

ブラウスをカジュアルに着こなすポイント・コツ

上のボタンをはずす

ブラウスの上のボタンは、1、2個はずすだけでぐっとカジュアル感が増します。逆にきっちり全部閉めてしまうと、フォーマルな印象になります。

また、ブラウスの中にインナーを着る場合は、全部はずしてしまうと抜け感が出てよりカジュアルになります。簡単にできるので、1番おすすめです!

ブラウスに合わせる服は柄物

ブラウスに合わせるインナー、上着は、無地よりも柄物のほうがカジュアルに見えます。白いブラウスなら、どんな色や柄でもばっちり決まりますよ。

インナーを着る場合は、ボタンをはずして、必ず柄が見えるようにすると良いと思います。可愛い花柄などよりも、チェックやドッド、ボーダーなどの柄物のほうがオススメです。

パンツを合わせる

カジュアルなコーディネートには、スカートよりもパンツのほうがしっくりきます。しかし、あまり細みのパンツはきれいめになってしまうので、注意が必要です。ジーパンはもちろん、チノパンでもOKです。

夏の暑い時期は、ショートパンツを合わせてもカジュアルなコーディネートになりますよ!

コーディネートの失敗談

ブラウスにカーティガンを合わせたコーディネートです。

カーティガンのデザインによっては、カジュアルな着こなしになると思うのですが、このカーティガンは黒いリボンもついていて、どちらかと言うと、きれいめなコーディネートになってしまい、著者としては失敗しました。

この失敗から、リボンなどの可愛いものがついている服は、このブラウスにあまり合わせない方が良いと思いました。

ブラウスをカジュアルに着こなすために

カギは、ブラウスのボタンをはずすことです。それだけで、カジュアル感が倍増します!

そして、ブラウスをパンツの中に入れないことです。ブラウスを出しているだけで、全然違います。これを入れてしまうと、カジュアル感は激減してしまうので、要注意です!

1つ目に載せたコーディネートは、特に著者もお気に入りなのですが、幅広い年代の人に人気です。中はタンクトップですが、ブラウスを着ると露出も少なく、安心感もあるようです。

ブラウスは、何かの洋服の下に着がちですが、上着のように着ても一気にカジュアルになって、オススメです。

おわりに

いかがでしたか。少しの工夫で、きちんとしたイメージのブラウスもカジュアルに着こなすことができます。とても簡単ですので、ぜひお試しください。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130521211412 519b6514a46c2 thumbnail
  • 20130521202802 519b5a42cb876 thumbnail
  • 20130521203327 519b5b873469d thumbnail
  • 20130521204020 519b5d244fd24 thumbnail
  • 20130521205710 519b6116ec976 thumbnail

本記事は、2013年05月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る