生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3. 20代のうちに知っておきたい!少しでも早く始めた方がいい資産管理

20代のうちに知っておきたい!少しでも早く始めた方がいい資産管理

2013年05月21日作成

 views

社会人になると、一人暮らしを始めたり、大きな買い物をしたりと、これまでよりお金が動くことが多くなるのではないでしょうか。「資産管理」というと、まだ早いかな…と思う方も多いかもしれませんが、月々の「収入」と「支出」を把握することが、はじめのステップ。

将来差がつく!?少しでも早く始めた方がいい、資産管理のコツをお伝えします。

目次

税金の額をきちんと知ろう

給与明細を見てみると、思いのほか税金が引かれていることに気づきます。会社勤めだと予め税金が天引きされた額が口座に振り込まれるため、税金がいくらなのか把握できていない人も多いでしょう。毎月の給料からどんな税金がいくら引かれているか、チェックしてみましょう。

税金の種類は、所得税、住民税、健康保険、厚生年金があります。

住民税は、社会人2年目から引かれるようになります。住民税は前年の1月から12月の所得に対してかかる税金のため、社会人2年目から課税されます。

固定費の額を算出する

毎月の出費で避けられないもの=「固定費」をリストアップしてみましょう。

ここで言う固定費とは…、家賃、電気・ガス・水道などの光熱費、携帯・インターネットなどの通信費、生命保険、車を持っている方はローンや車の損害保険など、毎月決まった額の出費をさします。
水道料金は2ヶ月ごとの検針・請求である自治体が多いです。

本当の手取り額は?

額面の給料から、【1】税金と【2】固定費を引いてみましょう。

その額が、あなたが毎月使えるお金=本当の意味での「手取り」といえます。

月給25万円の人の場合のシミュレーション

※計算しやすい数字を仮設定しています。

【1】税金の合計額

【2】固定費(住居費含む)の合計額

【額面の給料:25万】-【税金:4万円】-【固定費:12万円】=9万円

このケースでは、税金と固定費を引いた残りの額が9万円となりました。「お給料25万円」よりもぐっと現実味のある額になりますね。

おわりに

まずは税金や固定費にいくらかかっているのか、自分のお金の全体像を把握することが資産管理の第一歩。エクセルでも、手帳にメモ書きでも構いませんので、自分のお金と向き合ってみませんか?

最近はスマホで簡単に家計簿がつけられるアプリなどもたくさんあるので、自分に合うものを探してみましょう!

ちなみに筆者は、マネーフォワードというアプリを活用中。スマホアプリも使いやすいですよ。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130521194004 519b4f04252e4
  • 20130521193057 519b4ce13b19f
  • 20130521193110 519b4cee8e436

本記事は、2013年05月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る