生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 衣類を大切に!陰干しのやり方

衣類を大切に!陰干しのやり方

2013年05月21日作成

 views

大切な衣類を家庭で洗う時には、洗い方と同様に干し方も注意が必要ですね。よく耳にする「陰干し」について、今回はその意味と干し方を紹介します。

目次

陰干しとは?

タグに付いている洗濯表示にイラストのようなマークで表されているのが陰干しです。直射日光に当てず、日陰の風通しの良い所に干さなければいけません。

陰干しで平干しの場合は真ん中にという字が表示されています。

直射日光にさらすと繊維を傷めたり変色させたりするもの、また繊維そのものは丈夫でも色あせするものも陰干しする必要があります。Tシャツやプリント柄のシャツは、マークがなくても陰干しすることをお薦めします。

準備するもの

  • ハンガー
  • 大きめのバスタオル
  • 大きめのカゴ

日陰の吊り干し(室内)の場合

STEP1:洗濯物を裏返す

色もののTシャツを裏返します。

STEP2:室内で吊り干しする

ハンガーに吊るして室内の風通しの良い場所に干します。

ベランダで陰になっている場所がある場合は外干しでもOKです。

日陰の吊り干し(陽のあたる場所)の場合

STEP1:洗濯ものの上からバスタオルを掛ける

日陰にならないベランダなどで干す場合は、物干しざおにハンガーを吊るしてバスタオル(シーツなどでもOK)を掛けて陰を作ります。

STEP2:洗濯物を覆う

夏などはこのように完全に覆ってしまっても、乾きます。

市販の洗濯物干し用カバーもあります。商品例→マジカルカバー

日陰の平干しの場合

型崩れしやすいものは日陰で平干しをしましょう。

STEP1:カゴにバスタオルをかぶせる

大きめのカゴにバスタオルをかぶせます。

STEP2:洗濯物を上に乗せる

洗濯物をそっと上に乗せます。

STEP3:風通しの良い場所に置く

室内の風通しの良い場所に置きます。

カゴにタオルをかぶせるのは平干しネットの代用です。ネットがある場合はネットを使用し、日陰に干して下さい。

注意点

陰干しは風がなければ当然乾きが遅くなります。不十分な状態で取り込んでしまうと、カビやニオイの原因になるので完全に乾くまで干しておきましょう。

室内でも直射日光が射す場所は紫外線を浴びることになるので、デリケートな繊維は注意して下さい。

おわりに

衣類だけでなく家で洗える繊維のものは必ず洗濯表示を確認することが大事ですね。陰干しするのに適した場所はどこか是非自分の家で探してみて下さい。

(image by amanaimages)
(image by 日陰のつり干し)
(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130520153535 5199c4379cfbe
  • 20130521140331 519b0023806a4
  • 20130520153657 5199c489c2147
  • 20130520154647 5199c6d7cc97e
  • 20130520154938 5199c782ba5c3
  • 20130520155204 5199c814ec203
  • 20130520155424 5199c8a0f3d31
  • 20130520155932 5199c9d451389
  • 20130520160042 5199ca1add7b0

本記事は、2013年05月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る