生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ロストバゲッジ!ヨーロッパ乗り継ぎでの体験談

ロストバゲッジ!ヨーロッパ乗り継ぎでの体験談

2013年05月20日作成

 views

日本の常識は世界には通用ません。最近ヨーロッパ便での荷物トラブルを経験したので、ご紹介します。

目次

旅行について

今年の4月に友人と2人でイタリア旅行をしました。行きは福岡→成田→アムステルダム→フィレンツェという行程で何の問題もありませんでした。

帰りはローマ→アムステルダム→成田→福岡の予定だったのですが、アムステルダムで乗るはずだった飛行機が機体トラブルのため欠航になり、急遽ブッキングという流れになりました。

その日のうちに帰れるかどうか不安でしたが、幸い台北経由で福岡に飛ぶ便に乗れることになりホッとしていました。その際、新しいチケットを受け取る時に最終到着地は福岡だということを窓口の人に伝えたので、スーツケースも一緒に届けてもらえるものだと思い込んでいました。

スーツケースが出てこない!

福岡に着き、ターンテーブルの前でずっと待っていましたが私達のスーツケースが出てきません。すぐに福岡空港の担当の方にロストバゲッジの手続きをしてもらいましたが、ちゃんと手元に戻ってくるか心配で仕方ありませんでした。

特に友人はスーツケースの中に現金を入れていたようで、なおさら不安がっていました。結局は帰国して2日後くらいにどちらのスーツケースも見つかり、宅配で自宅まで届けてもらえたので良かったのです。

トラブル対処法

荷物が出てこなかった場合はすぐに空港で申請し、必要書類を作成してもらいましょう。

日本帰国時の空港でのトラブル回避に関するアドバイス

万が一荷物が出てこなかった時のために、預け入れのスーツケースの中には現金や貴重品は入れず、必ず身につけておくか手荷物にしておきましょう。

また、ヨーロッパの空港での乗り継ぎの時間が短い場合に荷物の遅延などのトラブルが起こりやすいようなので、乗り継ぎの時間には余裕を持たせる事も大事です。

おわりに

これまで十数回海外旅行をしてきて、初めてのトラブルだったので慌ててしまいましたが、ヨーロッパで乗り継ぎが多い場合はよくあることのようです。今までがラッキーだったのだと思います。

特に行きの便で荷物が出てこなかったら…と考えると、やはり1泊分の荷物や洗面道具を手荷物にして行く、などの準備は必要だなぁと思いました。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130513155915 51908f437dd7d thumbnail

本記事は、2013年05月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る