生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 冷蔵庫の処分方法

冷蔵庫の処分方法

2014年01月14日更新

 views

お気に入り

はじめに

引っ越しのタイミングや新しいものを購入したタイミングで冷蔵庫を処分する時に確認しておきたいのが、家電リサイクル法。

家電リサイクル法によって冷蔵庫は粗大ゴミとしての扱いではなくなってしまったため、市区町村を介して処分することができなくなってしまいました。

処分の方法は状況により異なります。あなたがどのタイプにあたるか確認して、前もって処分の方法を検討しておきましょう。

買い替える場合

新しい冷蔵庫を購入して古い冷蔵庫を処分する場合は、購入する家電量販店で古い冷蔵庫を引き取ってもらえるかどうかを確認しましょう。

もしくは、処分する冷蔵庫を購入した家電量販店に連絡しても問題ありません。

新しい冷蔵庫の搬入と同時に古い冷蔵庫を引き取ってくれる場合が大半です。また、引き取り価格も新しい冷蔵庫の精算時に渡しておくことが多く、当日にお金が必要になることはありません。

料金の支払い方法は家電量販店によって異なります。購入時に確認するようにしましょう。

引き取り価格はどの家電量販店でも同じです。処分する冷蔵庫のメーカー、サイズにより決まります。

古い冷蔵庫を処分するだけの場合

購入した家電量販店に連絡しましょう。引き取り日時や料金について電話できめ、処分当日に引き取りにきてもらえます。料金はその際に手渡しになりますので、準備しておきましょう。

万一、購入した家電量販店が遠く引き取りが困難な場合は、市区町村の窓口に連絡をすると、廃棄物処理業者を紹介してもらうことができます。

廃棄物処理業者とコンタクトがとれたら、引き取り日時、冷蔵庫の品番やサイズを伝え料金を確認しましょう。

自宅前に冷蔵庫を出せず、自宅内に冷蔵庫を引き取りに来てもらう場合は別途料金がかかります。自宅前に出せるかどうか確認しておきましょう。

おわりに

冷蔵庫の処分は決して安くはありません。前もって引き取り業者と価格、引き取り日時を確認して慌てないようにしたいですね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101124115321

本記事は、2014年01月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る