生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 揚げ物に利用した油の捨て方

揚げ物に利用した油の捨て方

2015年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

天ぷらやカツを自宅で揚げた後の残り油の処分に困ったことはありませんか? 祖父母の時代は油を庭に埋めたり・・・なんてこともあったようです。

環境を考えると決してそのようなことをしてはいけませんし、排水溝へ流してしまうなんてもってのほかです。

では、残り油はどのように処分すればいいでしょうか?いくつかの方法をご紹介しますので参考になさってください。

キッチンペーパーを利用する

油の熱が下がったことを確認し、キッチンペーパなどの油分を吸収するペーパーを油の中に入れます。

しばらくするとペーパーが油を吸収しますので、それを燃えるゴミとして捨てましょう。

キッチンペーパの他に新聞紙を利用してもいいでしょう。その他、不要になった布なども吸収力がありおすすめです。

熱が下がる前にペーパーを入れると火災の原因になりますので注意しましょう。

凝固剤を利用する

市販されている油凝固剤を利用しましょう。食品スーパーをはじめホームセンターなどでも販売されています。

使い方は非常に簡単で、利用後の残り油の中に凝固剤を入れて混ぜるだけです。しばらくすると油が固まりますので燃えるゴミとして捨てることができます。

正しい使い方は凝固剤によってことなりますので、説明書を確認して利用するようにしてください。

油固化剤 業務用 UK (ユッコ) 500g

料理に利用する

油の状態によりますが、油が綺麗な状態であれば油を冷ましてから保管しておきましょう。ちょっとした炒め物用の油として再利用できます。

保管する際に、残り油の中の揚げ物カスをしっかり取り除いておきましょう。

ただし、油は酸化すると体によくないと言われていますのですぐに使う分のみ保管するようにしましょう。

おわりに

油を使った料理は後片付けが面倒でなかなかやりませんよね。でも、こんなに簡単に後片付けができるなら、料理のレパートリーが増えそうですよね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101124113248

本記事は、2015年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る