生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 南スペインの白い村 ミハスの魅力とおすすめスポット

南スペインの白い村 ミハスの魅力とおすすめスポット

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

南スペインに位置する、ミハスという村をご存知ですか?海沿いの道から一本入り、山の中腹まで上がると、白壁のお家がずらーっと集まった場所が見えてきます。そこが、まさにスペインの白い村「ミハス」です。著者は、ハネムーンでこの村を訪れました。

旅の詳細

きっかけ

2010年1月、ハネムーンの地として選んだのが旅の始まりです。TV番組で取り上げられていたミハスの街を観て、青く輝く地中海と白い村のコントラストに感動したことがきっかけです。それ以来「いつかここに行きたい」と願っていたのです。

日程

約1週間の滞在で、まず1日目はお目当てのミハスで過ごしました。到着日は移動で疲れていたので、少し村を歩いて夕食をとり就寝しました。

2日目は、ミハスの村をじっくり観光しながら満喫しました。

3日目は村を出て、タクシーで20分程行った高級リゾート地と言われるマルベーリャへと向かいました。この街はブランド店が並びおしゃれなお土産屋もあるので、お買い物には最適です!

4日目は、イギリス領のジブラルタルへ行きました。ミハスからは、バスで約3時間程でつきます。スペインの雰囲気から一転、イギリスの町並みにうっとりします。海峡を挟んでアフリカ大陸が見えます。なかなか出来ない体験ができました。

5日目の最終日は、ミハスの村をのんびりと歩き、地中海の一望できる場所でランチをしました。ミハスは、他の街に比べ綺麗で整備されているので、安心してくつろぐ事ができますよ。

服装

季節は冬でしたので、いくら南に位置する地域と言っても夏のような服装では寒いです。日中の気温はだいたい18度程だったので、コートは要らないにしても長袖を着用するのが無難です。

また、著者が訪れた日はとても風が強く、帽子を飛ばされそうになりました。強風は体感温度をさらに下げるので、もしもに備え一枚多く上着を持っていると安心です。

朝晩の気温差や強風に備え、一枚多く上着を持参しよう!

行き方

エールフランス航空を利用し、成田からパリへ行きます。パリで乗り継ぎマラガ空港に到着後、バス又は電車でフエンヒローラという街へと向かい、そこから更にバスで約25分でミハスに到着します。

少し乗り継ぎが多いですが、それもまた旅の楽しみと思えば苦にはなりません。時間をかけて行く分、着いた時の感動も増すというものです。

ただ、スペインのバスの運転は、日本に比べると非常に大ざっぱです。バス酔いの心配がある方は、タクシーを利用する事をお勧めします。

また、タクシー運転手の中には、通常より上乗せした金額を請求してくる人もいるので、事前に交渉をしておいた方が良いです。

バス酔いの心配がある方はタクシーを利用しよう!
タクシーに乗る時は、事前に目的地までの代金の確認を忘れずに!

費用

成田からマラガ空港までの航空券と5つ星ホテル5泊朝食付きで、1人15万円程でした。オフシーズンだったので、この金額で行けたのだと思います。

ただ、バルセロナやマドリードのような大都市とは訳が違い、移動にはバスやタクシーが必要な事が多い地域です。移動にかかる費用は少し多めに考えておくと良いです。

お勧めスポット

サン・セバスチャン通り

ここの通りは、まさに絵はがきそのものでした。坂になっているので、下から上を見上げるようにして撮影すると、素敵な写真が撮れますよ。お土産屋やカフェもたくさんあるので、あっという間に時間が経ってしまいます。

村は起伏があるので、歩き易い靴で行くのがおすすめ!

ロバタクシー

村の名物、ロバタクシーです。ロバに乗って村を巡る事が出来ました。とってもおとなしく穏やかなロバで、安心して村巡りを楽しめるのでとってもお勧めです。ただ、ロバをまたいで座るので、女性はパンツスタイルが良いかと思います。

ロバタクシーで村巡りなら、パンツスタイルで!

注意点

治安

ハネムーン中、2〜3度「騙し」のケースに遭遇しました。お財布をなくしたフリや身体障害のフリをして、お金を騙し取ろうというものです。

一方的なものではないので、こちらが騙されないように気をつけていれば問題のない事ですので、もしそういった場面に遭遇した時はすぐにお金を出さないように気をつけてください。

つい困っている人がいたら助けたくなるものですが、鵜呑みにせずこのアドバイスを思い出して頂ければと思います。せっかくの楽しい旅ですから、なるべくならトラブルは避けたいですよね。

季節

著者は冬のオフシーズンに訪れましたが、やはり少し閑散としていたように思います。現地の仲良くなった人たちにも「今度は夏においで!」と言われた程です。夏はヨーロッパの色々なところから観光客が訪れ賑わうそうです。

オンシーズンで少し費用は高くなりますが、夏に行く事をお勧めします。

さいごに

ミハス周辺には他にも様々な雰囲気の場所があり、バスや電車を使えば日帰りで行く事が出来ます。さらに著者も訪れたイギリス領のジブラルタルでは、違った景色や文化に触れる事も。

まずはミハスを目指し、満足したなら近くの村へ行ってみるのも良いかもしれませんね!

一度に何度も美味しいスペインを体験してみてください。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130517141635 5195bd33576ba
  • 20130517142737 5195bfc95c0f0

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る