生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. シーンごとにTシャツを上手に着こなすポイント

シーンごとにTシャツを上手に着こなすポイント

2013年05月19日作成

 views

誰もが1枚は持っていて、特に夏に大活躍するTシャツ。せっかくのTシャツもワンパターンのコーディネートでは、もったいないですよね。

今回は、著者がシーンごとにTシャツを着こなす方法をご紹介します。

目次

所有しているTシャツ

  • ブランド名…しまむら
  • 特徴…うさぎの周りのカラフルな花と、袖についている黒いリボンがポイントです。

場所ごとのTシャツの着こなしのポイント・コツ

ショッピングに行くとき

ポイントは、「Tシャツの柄の色とスカートの色を合わせたこと」です。

少し夏には重たくなりがちな黒色ですが、水玉模様のスカートを選ぶことによって夏らしい着こなしができます。

これだけでは、普通のコーディネートになってしまうので、お出かけするときはTシャツの上にレースのジレ(丈が短めの袖なしの胴着。チョッキ。ベスト)を合わせました。

レース素材の服をプラスすることによって、いつものTシャツをもっとオシャレに着こなすことができます。レースなら、重ねても暑くありませんし可愛いですよ。

全体的に可愛めのコーディネートなので、サンダルは大人っぽいものを選んで可愛すぎないようにしてみました。

海に行くとき

ポイントは「パーカーを合わせたこと」です。

夏になると海に行く機会も増えますが、Tシャツ、ショートパンツで行ったとき心配なのが、日焼けです。UV対策のためにも、Tシャツの上にパーカーを羽織ると海にも安心して出かけられます。

その時注意が必要なのが、夏なので淡い・薄い色のパーカー、デニムショートパンツを合わせることです。そうすれば、見て暑苦しくない爽やかなコーディネートができますよ。

Tシャツの柄の色に合わせてパーカーの色も選ぶと、なお可愛いです。

家で過ごすとき

ポイントは「Tシャツを中に着たこと」です。

オールインワンは、露出が多いので1枚で着るのには少し抵抗があります。そこで、本当は真っ白のTシャツを合わせたいところですが、このTシャツは白がメインなので中に着てみました。

もともとの柄はほぼ隠れて、白いTシャツのように見えますし、袖のリボンがオールインワンの色とマッチしてまとまりがでます。

全面に柄物のTシャツでないなら、洋服の下に着るというのも1つの手だと思います。

コーディネートの失敗談

白のフリルのミニスカートを合わせたコーディネート。色が薄いので合うかなと思ったのですが、ポイントがないので着てみると少し太ってるように思見えました。

このことから下に合わせる洋服は、色もののほうがメリハリがついて良いということを学びました。さらに、Tシャツの柄の色に合わせた色のスカートを選んだほうが良いみたいです。

Tシャツを上手に着こなすためのアドバイス

1番のカギは「Tシャツの全体的な色・柄の色を拾って下に合わせる靴、バッグ、アクセサリーを選ぶこと」です。

特に、黒の水玉模様のスカートを合わせたコーディネートは親や同年代の人など、幅広く好評です。全体的な色のまとまりが良いようです。また、レースのジレを羽織ることによって少し上品さもプラスでき、大人の人にも「いいね。」と言われることがあります。

Tシャツは1枚で着ることが多いアイテムですが、上にパーカーを羽織ったり、オールインワンの下に着ることによっても幅広く着回しすることができます。

そのためにも、全面柄物のTシャツよりも、柄がワンポイントのTシャツを選ぶと良いと思います。

おわりに

ただTシャツにジーパンだけではもったいない!他のアイテムも駆使して、Tシャツを上手に着こなしましょう。

この記事が参考になれば嬉しいです。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130518161804 51972b2c95e3d thumbnail
  • 20130518162202 51972c1a8a286 thumbnail
  • 20130518162934 51972dde3cb04 thumbnail
  • 20130518163650 51972f92e3554 thumbnail
  • 20130518164619 519731cb8eefd thumbnail

本記事は、2013年05月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る