生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 用途別に! ウェットティッシュの選び方

用途別に! ウェットティッシュの選び方

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

テーブルの除菌や、最近では花粉や鼻炎で頻繁に鼻をかむときに使えて肌荒れ防止にもなるなど、様々な場面で活用されるウェットティッシュ。清潔志向の高まりもあって多くの家庭に普及しています。

今回はそんなウェットティッシュの選び方をご紹介します。

著者が持っている保湿ティッシュについて

  • メーカー:ELECOM
  • サイズ:縦140mm×横130mm
  • 素材・成分:アクリル系超極細繊維不織布・精製水・エタノール・界面活性剤・防腐剤
  • 価格:¥200
  • 購入時期:2010年

著者のウェットティッシュの選び方

ポイント1:用途に合わせた選択を

ウェットティッシュ一つで、どんなものを拭くときにも使用できるわけではありません。テーブルや手の除菌に適したものでも、PCやテレビの液晶に使えば、傷になる場合もあります。

鼻をかむのに使えば肌荒れの原因にもなり得ます。液晶には液晶用のものを、鼻には鼻用のものを。用途に合わせたウェットティッシュを選びましょう。

著者は液晶用のものを購入しました。軽い力で汚れを拭き取ることができ、掃除後はホコリが付きにくくなる効果があるので、PCモニターの掃除には便利です。

ポイント2:使い切れる枚数のものを選ぶ

枚数が多いものは一見お得に見えますが、使用状況によっては使い切る前にアルコールが揮発してしまい、ウェットティッシュとしては使えなくなってしまいます。

開封後、数か月以内に使い切れる枚数のものを選ぶことをおススメします。

ポイント3:除菌の謳い文句は気にしない

ウェットティッシュには除菌を謳っているものが多くあります。除菌と聞くと「身体に良くない菌をやっつけてくれる」というイメージがありますが、実際はそこまでの高い殺菌効果はないようです

水で手を洗うと汚れが落ち、キレイになりますよね。ウェットティッシュもそれと同様に、拭うことによって物理的に菌を取り除いているに過ぎないのです。ですので、除菌効果のあるウェットティッシュで拭けば殺菌でき、安心・安全というのは必ずしも正しいとは言えないです。

あくまで、手軽に汚れを拭き取れる清潔な濡れティッシュだと思い、正しい商品選択を行いましょう。

おわりに

著者は数年前に買い置きしたものを、順次開封して使用しています。現在も使用できていることを考えると、未開封なら数年は持つものなのかもしれません。とはいえ、過度な買い置きも無駄となる場合はあります。

長く見積もっても、一年以内に使い切れる分だけにしておきましょう。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130515122903 519300ff99fb9

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る