\ フォローしてね /

子供でも簡単!片づけやすい子供服収納の方法

子供には、自分のものは自分で片付ける、という習慣を身につけさせたいものですよね。ですが、自分の服をタンスに片付けるということは、なかなか子供には難しいものです。

そこで、子供が自分でお片づけしやすくなる服の収納方法を紹介したいと思います。

子供が自分の服を片付けしにくい理由

子供が自分の服を片づけしにくいのには、原因が2つ考えられます。

1つはタンスが大きくて扱いづらいこと、そしてもう1つは、片付け方が分かりにくくて、「できないからやりたくない」という気持ちになってしまうことです。

この2点を解決できる収納方法を考えれば、子供も積極的に服を片付けてくれるようになります。

準備するもの

  • お菓子などの空き箱
  • シール
空き箱はティッシュの空や牛乳パックなど、何の箱でもOKです。フタとなる部分を切り離して、収納しやすい形にしてください。

子供が片づけやすい収納方法

STEP1:紙に書く

紙に、分類したい衣類の名前を書き、子供が好きなシールを貼り付けます。

シールを貼ることで、文字が読めない子供でも「このシールの場所にこれ」と覚えやすくなります。

STEP2:箱に貼り付ける

お菓子などの空き箱に、STEP1の紙をテープで貼り付けます。

STEP3:分類して収納する

紙に書いた通りに分類して、子供服を収納します。そして、

「このシールのところがTシャツだよ」

というように、子供が好きなシールと片付けるものを関連付けて説明します。何度か繰り返し教えると、子供も覚えてくれます。

子供が収納しやすくするための注意点

子供の服を収納するのは、できるだけコンパクトなタンスにしましょう。

引き出しが軽いものを選び、子供でも簡単に開け閉めできるものにします。そのタンスの、子供がストレスなく届く下のほうの段に収納するようにしましょう。

大きくて開け閉めしにくいタンスは、それだけで子供の「やる気」を損なってしまうので注意しましょう。

おわりに

子供の服を分かりやすく分類し、親しみやすいシールを使って、楽しいお手伝いと感じさせることで、子供が自主的に「片付けよう」と思えるようにしましょう。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。