生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 一般常識を吸収しながらビジネス能力検定2級に合格するための勉強法

一般常識を吸収しながらビジネス能力検定2級に合格するための勉強法

2013年05月18日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

筆者がビジネス能力検定を受検したのは、2011年7月のことです。学校の授業の一環として週に1日、1回90分程度の勉強を3ヶ月続けて合格しました。

ここでは筆者なりの勉強方法をお教えします。

用意するもの

ビジネス能力検定のテキストはまず必須です。筆者は2011年版を使用しました。受検する年度のものが最良ですが、もし入手可能ならば過去問として他の年度のものも持っていると良いです。過去問は公式サイトでも閲覧可能です。

商品ページはこちら:ビジネス能力検定 2級テキスト

勉強のコツ

STEP1:まずは問題を解く

まずざっと問題を見て解いてみます。基本的に一般常識+αのような問題が多いので、どういった問題があるか、どういった傾向にあるかを大まかに見極めましょう。

STEP2:解けなかった問題を重点的に勉強する

一発で全てを解けてしまうことなどありえません。解けなかった問題は必ず出てくるはずですので、そういったものをまとめ、勉強をしていきます。

時事的な問題であれば新聞やニュースを現在過去問わず読み込むこと、グラフや図形から読み取る問題は慣れることが大事ですので、何度も繰り返しやっていきます。

また、ビジネス能力検定2級の問題には議事録を書く問題があります。物事を上手くまとめられる能力が必要になりますので、新聞やニュースを見つつ、気になったことを書きとめるようにして、文章を書くことに慣れておきましょう。

STEP3:ひたすら過去問に挑戦

とにかく問題に慣れることが大切です。解けなかった問題は当然ながら、一度解けた問題でも慢心せずに何度も解き、自分の中に吸収していきます。

また、STEP2でも書いた、新聞やニュースを見ることも忘れてはなりません。これは勉強と意識せずとも自然と頭に入ってきやすいので、あまり苦にはならないと思います。

新聞記事を読んで答える問題もありますので、特に新聞を読んでおくのは大切です。

おわりに

いかがだったでしょうか。

筆者は一度3級を取ってから2級を受検しました。記述式の問題に関しては3級から少々難しくなったところもありますが、3級に余裕を持って合格できるならば大丈夫です。

注意すべきは、2級から加わった記述式、特に議事録の問題です。話の内容をまとめられる能力を、しっかり身につけましょう。

筆者なりの勉強方法でしたが、これを読んだ方の合格の足がかりになれれば幸いです。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130516040708 5193dcdc55858

本記事は、2013年05月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る