生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 彼女との激しいケンカ…その後の仲直りの体験談

彼女との激しいケンカ…その後の仲直りの体験談

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

当時の恋愛事情

彼女とは合コンで知り合って仲良くなり付き合うことになりました。筆者が21歳で彼女が19歳で、付き合って1年目くらいのときの話です。

お互い仕事休みのとき会って食事したり、遊園地行ったり、仕事帰り時間があるときは飲みに行って、そのあとはどちらかのマンションに泊まるという感じでした。

ケンカの理由

筆者が当時していた仕事は夜勤もあり、休みも不規則だったので、なかなか会える日が少ないといった状況でした。なので、たまに遊園地行くことはあっても、ほとんど居酒屋デートか家デートでした。

そんなとき珍しく彼女の仕事の休みと筆者の仕事の休みが一緒の日があり、久々に海にでも行こうかという話になりました。ちなみに、筆者が住んでいたところの近くに海はなく、車で1~2時間以上かかる場所にありました。

彼女はすごく喜んで、お弁当を作っていくと張り切っていました。

しかし、筆者は前日に夜勤だったため、次の日うっかり寝坊してしまい、予定の時間より3時間も遅刻してしまいました。

これによって彼女をすごく怒らせてしまい、そこからケンカになってしまいました。

どんなケンカをしたか?

携帯には彼女からの着信が何度もあり、筆者は気づかず眠り続けていたようで、慌てて準備をし、待ち合わせ場所に向かおうと車に乗ろうとしたら、マンションの駐車場に彼女の車が停まっていました。

中には彼女が乗っていて、やはり相当怒っている様子だったので、車に乗り込んで即効で謝りました。「本当ごめん!昨日夜勤で寝過ごしちゃって」

しかし彼女は「楽しみにしてたのに!寝坊するなんて信じられない!」と怒りを抑えられない様子だったので、とにかく「ごめんね、本当ごめん」と何回も謝っていましたが、途中から彼女が「大体、いつもそうじゃん!時間にルーズなんだよ、約束忘れるし、この前だって…」と前の話も持ち出し始めました。

筆者も夜勤の寝不足の疲れと、彼女がいつまでたっても機嫌を直さないことに内心イライラし始めていたこともあって、そこで前の話までし始めたことに頭にきてしまい、「んな前のことまで言ってくんなよ!こんなに謝ってんのにいつまでも機嫌直らねーし、一体どうしろってんだよ」とつい逆切れしてしまいました。

この言葉に彼女がさらに切れて「もういい!帰る!」と言って、そのまま車を出して帰っていってしまいました。

どうやって仲直りしたか?

彼女が帰ったあと部屋に戻り、もう疲れてふて寝してしまいましたが、よくよく考えると、いつも仕事が忙しくてまともなところに連れてってあげてないなと、段々彼女に申し訳なく思い始めました。

そこで筆者は思い切って仕事の休みを次の彼女の休みに合わせて取ることにし、そのことを彼女にメールで伝えました。

すると、しばらくして彼女から電話がかかってきて「本当に?いいの?」と聞いてきたので「うん、大丈夫だよ。本当今日はごめんね」と言うと「ううん、私のほうこそごめんね!」と仲直りすることができました。

恋人とのケンカで悩む方へアドバイス

男女とは根本的に考えが違うので、喧嘩してしまうのは仕方がないことだと思いますが、男性より女性の方が細かい部分があるので、約束や記念日などは特に敏感なので、そういったことは忘れないようにすることが大事です。

喧嘩してしまっても、一方的に謝るだけで済まそうとせず、自分に悪いところはなかったかよく考えたうえで、言葉にして伝えるなり、お詫びに何処かへ連れてってあげるなどの行動をとるようにしましょう。

女性は曖昧にされると、いつまでもそのことを覚えていたりします。

おわりに

いかがでしたか?

この記事を参考にして頂ければ幸いです。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130517163504 5195dda811ae7

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る