生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. まずは相手を立ててみる!好きな男性と自然に会話をして片思いを成就させた体験談

まずは相手を立ててみる!好きな男性と自然に会話をして片思いを成就させた体験談

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

当時の恋愛事情

当時20歳で大学に入学したての頃。サークルに入ろうとしていて、どこに入るかを友達といろいろ探していました。

ある時、帰り際に一人の男性に声をかけられ、音楽サークルの勧誘をされました。その勧誘をしてきた男性はとても笑顔が素敵で爽やかな、いかにも好青年といった感じで一目見てときめいてしまいました。

正直、音楽は幼少期に少しピアノを習っていたぐらいでしたが、「この男性がいるなら!」とそのサークルに入ることを決めました。著者の友達も音楽に興味があるということで一緒に入ることとなりました。

彼との会話

サークルに入った初日に、歓迎会も含めて飲み会が開催されました。サークルには男女合わせて20名程いて、飲み会の席も彼とは遠く離れていたのですが、どうしても彼と話をしたかったので、勇気を出して飲み会中盤で彼の席の近くに行ってみました。

あまり話すことが得意でない著者でしたが、少しでも会話で彼にアピールしようと以下のことに気をつけました。

  • 自分主体では話さず、なるべく聞き役に回る
  • 相槌は大きめに!
  • 「そうですよね~。私もそう思います。」「すごいですね~!!」等共感を示したり、相手を褒める言葉を使うようにする

このような形で会話をして、慣れていったらタイミングをみて彼に質問をしてみると、話を遮ることなくスムーズに会話でき、自然に話も盛り上がりました。

彼は大学2回生で趣味はクラシック音楽を聴くこと。幼少の頃からヴァイオリンを習っていて、休日にはクラシックコンサートに行くことが多いこと等いろいろ知ることができました。

会話の最中は相手の目をまっすぐ見つめるようにするの話をちゃんと聞いてくれているという雰囲気が伝わり、効果的です!!

どうやって恋人になれたか?

その後は、サークル内では彼が得意なヴァイオリンを教えてもらったり、著者から彼を誘って一緒にお昼を食べた時にクラシック音楽の話をしたりと彼の好きなことについて話をするよう心がけていました。

話をする時には、知識も必要なので事前にヴァイオリンやクラシックについて調べたり、いろいろな音楽を聴いたりするようにしました。

ある時、彼から「他大学の友達が出演するクラシックコンサートがあるから一緒に行かない?」と誘われました。それだけでも嬉しかったのですが、彼と一緒にコンサートに行った後、一緒に食事に行ったお店で彼から「いつも僕のことばかり話しちゃってるけっど、〇〇(著者の名前)ちゃんのことももっと知りたいから、いろいろ話してね。」と言ってくれたことがとても嬉しく感動しました。

その後も、2人きりで会う機会が多くなり自然と恋人関係になることができました。これも最初から彼が好意を持ってくれるように会話に気をつけたことと、彼の好きなことを自分も好きになるように努力をした賜物だと思いました。

コミュニケーションに悩みを抱く皆さんへ

あまりコミュニケーションが得意ではない、自信がないという方は多いかと思います。著者もその一人です。

好きな人にはなおさらな事、内気になってしまい、どう会話していいか悩んでしまうと思います。そんな時、まずは相手の話を真剣に聞き、相手を立てるようにすることを心がけてみましょう。

そうすることによって、相手は自分の話を真剣に聞いてくれてる態度と共感されたり褒められたりすることによって自然と気持ちよく話をしてくれるようになります。

この記事を参考にして頂いて、少しでも多くの方が好きな人とうまく会話できて恋愛が成就することを願っています。

(image by PAKUTASO)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130516164647 51948ee768e82

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る