生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 「本格派」一眼レフ用カメラケースの選び方

「本格派」一眼レフ用カメラケースの選び方

2013年05月15日作成

 views

私はよく一眼レフカメラを持って外に出ますが、大切なカメラなのでしっかりクッションの効いたバッグを探しました。

そのとき注意したポイントを紹介していきます。

著者が持っているカメラケースについて

  • メーカー:PHOTOLAND
  • 価格:3,500円
  • 購入時期:1年前カメラと同時に買いました。
  • スペック:多く収納箇所があり、クッション性に優れていて大事なカメラを守ってくれます。また中には付け外し自由の仕切りが付いていて、持っていくカメラに合わせて収納できます。

カメラケースの選び方

安価でなるべく収納性があり、かつ耐衝撃機能のあるものを選びました。

ポイント1:衝撃に強い

バッグのまわりは厚いクッションで守られていて大事なカメラを守ってくれます。またバッグの底部には台座が付いていて、万が一落としたときもカメラに直接衝撃がいかないようできています。

ポイント2:収納性

中身は大容量で本体とレンズ2、3本を入れられるだけの容量があります。

また位置が自由に変えられる仕切りが付いているので、移動時にレンズなどがぶつかってガチャガチャ鳴ることがありません。

ポイント3:ポケットが付いている

何かと備品の多い一眼レフなのでポケットが付いていて便利です。

予備のメモリーカード、ミニ三脚、フィルター、レンズの掃除キットを入れてもまだ余裕があります。

おわりに

デザインはおしゃれとは言い難いですが、値段に対して機能が素晴らしいので満足しています。

大切なカメラを守るケースなので機能性で選んでみてはいかがでしょうか。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130514002110 519104e66a093
  • 20130514003828 519108f45535e
  • 20130514004043 5191097b6909e

本記事は、2013年05月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る