生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 少し距離を置くことが大切!嫌な思いをした時の対処法

少し距離を置くことが大切!嫌な思いをした時の対処法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

「さすがに大学で仲間はずれやいじめは無いだろう」と思っていても、いつの間にかその被害に合うことがあるかもしれません。

今回は、そんな被害に合った時の対処方法を紹介していきます。

嫌な思いをしたら、まずやるべきこと

仲間はずれをされたら、少しの間距離をとろう

仲間はずれやいじめは、ある日突然始まります。被害に合った時は混乱してしまい、その原因などは考えにくいものです。

ですから、まずは少し距離をとりましょう。少し距離をとって、冷静になって考えましょう。この仲間はずれやいじめは、単なる八つ当たりなのか?自分が原因なのか?知らない間に友達の気分を害するような行動をとってしまったのか?

少し距離をおいて冷静になってみると、意外な盲点に気づくことがあります。嫌な思いをしたら、まずはその原因を知るために距離をとりましょう。

中から見えなくても、外に出れば気づくことがあります。

自分の行動が原因だった場合の対処方法

仲間はずれやいじめの原因が自分にあった、ということもありますよね。

そのことにあなたが気づいたら、出来るだけ早く謝りましょう。電話やメール、SNSなど便利なツールはたくさんありますが、こういう時は直接謝りましょう。

しっかりと仲直りすることが出来ればその出来事は後々、お互いの笑い話のひとつに変わっていくでしょう。

自分の間違いに気づいたら、正直に謝りましょう。

原因がどうしてもわからなかった場合の対処方法

少し距離をとって冷静に考えてみても、その原因が全く分からないことがありますよね。そういう時の対処方法は2つあります。

直接理由を聞いてみる

仲間はずれやいじめの原因はわからないけれども、その友人との縁をこれからも続けていきたいと思うなら、直接理由を聞いてみてください。

もしかしたら、みんなの前では原因を話してくれないかもしれません。ですが、二人っきりで原因を聞いてみると答えてくれることもあります。

少し勇気を出すだけで、大切な友人との縁を続けることが出来るかもしれませんね。

そのままグループから離れる

学校の中にいると世界がとても小さく感じることがあります。今の友人を無くしたらもう友人は出来ないと考える人もいます。

ですが、学校の中にはサークルに入ることで新たな友人と出会うことがあります。学外でも、バイト先やコミュニティごとに新しい友人を作ることも出来ます。

あなたが今悩んでいる友人関係は、他に友人を作るという解決方法もあるのです。もしも、今の友人関係に嫌気が差したら「他に友人を作る」という選択肢も考えてみてはいかがでしょうか?

友人関係はやり直せますし、新しい友人は簡単に作れます。

注意点

友人の友人に注意

世間は狭いもので、新しく友人を作ろうと決めた人にとっての罠が意外なところに存在しています。それは「友人の友人」という罠です。

グループを離れて新しく友人を作ろうと決めた人にとっては、過去の友人関係が弊害になることがあります。友人関係を新しく変えても、過去に自分をいじめていた過去の友人がいたら、また嫌な思いをするかもしれません。

そういうことがないように新しい友だちを作ったら会話の中で聞き出したり、SNSの友人一覧を調べるなどをしてみてください。

その新しい友人がキッカケで、いじめをしてきた友人との関係は修復されるかもしれませんが、時には時間を置くことも必要です。

世間は意外と狭いので、新しい友人を作る際は注意してください!

学校での仲間はずれに悩む大学生・専門学校生へアドバイス

「学生時代の友人は一生の友」という言葉を聞いたことはありますか?

社会人になると、ビジネスの関係だけが広がって、気軽になんでも話せる友人関係は作りにくくなります。

今の友人を大切にするか、新しく友人を作るかを決めたら、行動してください。今の行動が、今後のあなたの財産に変わります。

ぜひこの記事を参考にして、円滑な友人関係を築けるよう願っています。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130510094108 518c4224f26fb

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る