生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 基礎はしっかり!ドイツ語の­リスニング力を鍛える方法

基礎はしっかり!ドイツ語の­リスニング力を鍛える方法

2015年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

読解は出来るのにリスニングは苦手、という方。何故でしょう?筆者の経験を元にした、リスニング上達の方法をまとめてみました。

筆者がリスニング力を身につけている目的

筆者はクラシック音楽、特に声楽を勉強しておりますので、ヨーロッパ語の勉強は欠かせません。

続けていく内に語学が趣味と化してしまったので、今ではスムーズな会話が出来るようなレベルを目指して続けております。

使用している教材

ドイツ語を学ぶ教材は書店にたくさん並んでいると思います。

筆者の場合は同学社の「独検3級・4級受験者のためのチャレンジ・ドイツ語」(著:松本嘉久)や郁文堂の「独検らくらく30日」シリーズなどで勉強しました。

もうひとつ、最低限必要だと思うのは辞書です。個人的には紙の辞書をおすすめします。

実際の手順

STEP1:基礎を復習する

リスニングの勉強に入る前に、必ず必要なことがあります。ドイツ語の基礎知識を確認して頂くことです。

日本語は他言語に比べると、使う音の少ない言語です。似たような発音の微妙な違いを、混同しないようにしっかりと確認しましょう。ここで言う音とは子音や母音よりも細かい単位の事だと思って下さい。難しい言葉では「音素」といいます。

まずはアルファベット1つずつの発音ではなく、同じ「e」でも明るい「e」と、「i」に近い「e」など種類があることを理解して下さい。

このステップでの学習方法ですが、筆者の場合は上記の教材に付いていたCDを使用しました。初級レベルの教材でしたら、必ず最初の方にアルファベットや簡単な単語の発音練習が載っているはずです。

それらを注意深く(発音記号も参考にしながら)聞き取り、真似する練習をしてください。

大概の辞書には発音や基礎的な文法の解説が付録されています。紙の辞書をおすすめした理由はここにあります。分からないことは全て辞書に書いてあるといっても過言ではないのです。

持ち歩きには不自由しますが、自宅で勉強する限り、外で辞書を必要とする事はしばらくないでしょう。

もしも外出先で早急に単語を知りたくなった場合には、取り急ぎオンラインの辞書もありますので、活用しましょう!

参考サイト:Wadoku

STEP2:ドイツ語を読んでみる

発音と読み方を復習出来たら、次はドイツ語を読んでみましょう。

目で読めることと、喋れることは全くの別物です。ドイツ語の発音に口と耳を慣らす意味でも、必ず声に出してください。それっぽく早口で読むのではなく、ゆっくりで良いので正しい発音で読んでくださいね。

単語だけで正しく発音出来たら、次は文章を音読しましょう。ここでは文章の構造を考えなら読んでください。

文の中でも強調して発音する単語と、そうでない単語があります。文の中にもアクセントがあるのです。具体的には動詞にアクセントを置いて読んでください。

修飾されている言葉は一息に読むなどしてみると、ぐっと読みやすくなると思います。

STEP3:ドイツ語を聴いてみる

STEP2がきちんと出来るようになったら、今度はドイツ語を聴いてみましょう。

読解のレベルではなく、自分の会話のレベルに合わせた内容のものを使ってみてください。自分が喋れるようになったフレーズは大概聞き取れるものですから、簡単なところからマスターしていきましょう。

レベルに合ったCDをお持ちでない方は教材を買って頂くのが1番ですが、最近は100円ショップでも簡単なドイツ語会話のCDが売っていることがありますので、探されてみてはいかがでしょうか。

STEP4:ドイツ語のドラマやアニメを観る

以上のことを繰り返す内にリスニングに慣れていくと思います。

勉強が進むとより聞き取れることが増えていくはずです。ある程度上達したら、ドイツ語検定の級を取得したり、ドイツ語のドラマやアニメを観てみるのも良いでしょう。

1日のペース

ペース配分は速く進むことより、間が空かないことが大事だと思って下さい。ですから1日に進める量は、例えば寝る前に30分など、ご自身に無理のない範囲で少しずつで結構です。

ただし勉強する時間帯だけは決めておきましょう。少しずつでも習慣になってしまえばしめたものです。

おわりに

どういう事が出来るようになるのか、考えておくとモチベーションも上がると思います。

少しずつ上達して楽しみ方を広げてくださいね。

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130508025831 518940c757292

本記事は、2015年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る