生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 男性向け!失恋から少しでも早く立ち直る方法

男性向け!失恋から少しでも早く立ち直る方法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

人を好きになると、その思いが成就することもあれば、叶わないこともありますね。

恋に敗れたときは、誰だって辛いものです。ですが、いつまでも落ち込んでるわけにはいきません。その痛手から、少しでも早く立ち直れるようにしたいものですね。

片思いしていた相手との失恋から立ち直る極意

立ち直るために必要なことは、時間と自分に自信を持つことです。

思い出に変えるには時間が必要

これは男女共に言えることですが、失恋をした場合、どんな人でもフラれたからすぐ次の恋へ!と進むことは難しいですよね。

そこから立ち直るのには、時間が必要です。好きな人への思いを思い出に変えるのには、誰でも遅かれ早かれ時間がかかるものです。

自信をなくすのは間違い

昨日までは、好きな人のことを思うだけでどんなことでも頑張れたのに、振られてしまった後では、それすら心を抉るものです。そしてフラれてしまうと、全てがどうでもよくなって「自分なんか…」と自棄になることも多々ありますが、それは落とし穴です。

その彼女とは縁がなかっただけですから、自分の全てが悪いわけではありません。確かに、好きな人と結ばれないことは辛いですが、彼女とは縁がなく合わなかったということですから、ここは間違えてはいけないところです。

ネガティブなときには、どうしても自分の嫌なところが目についてしまいがちになってしまいがちです。どうか自棄にならずに、自分のいいところを思い出してくださいね。

気持ちを整理する方法

まずは思いを自分の中から全て吐き出してしまいましょう。落ち込むだけ落ち込んだら次は上を目指すのみですからね。

人に聞いてもらう

自分の中だけで留めるには辛いこともありますから、どれだけ彼女が好きだったか、ひたすら友人に話をきいてもらいましょう。

ただし、ここで注意するべきことは、好きだった人の悪口になってしまわないようにすることです。可愛さ余って憎さ100倍とはいいますが、好きだった人を貶すことは、その人を好きになった自分も貶してしまいますからね。

そして、話を聞いてくれる友人も、傷心の人を慰めはしてくれても、悪口を聞きたいとは思わないでしょう。

音楽を聴く

自分の気持ちを代弁してくれるような失恋ソングを、たくさん聴いて涙しましょう。涙には癒しの効果があるので、好きな人のことを思って、こころおきなく泣いてすっきりしましょう。

スポーツなどで思考を止める

身体を動かすことで、頭で考えることを強制的に止めさせます。ずっと彼女のことを考え続けてしまうと、疲れてしまうものです。

成人している場合、自棄酒なんて手段もありますが、記憶がなくなるまで飲んで醜態をさらしてしまうことも…そう考えるといいことは何一つありません!ですから、お酒を飲む場合は程ほどにしておくように気をつけましょう。

気持ちを前向きに切り替える方法

髪型やファッションを変える

少々強引なやり方ではありますが、外見を変えることで、自分の中で、今までと変わるというけじめになります。

女性だと、失恋すると髪を切るなどと聞いたりしますが、男性にも気分が変わるので、おすすめのひとつです。

イメージチェンジをして、自分が変わったことを実感すると、新しいことをはじめるために、心もシフトチェンジできるような気持ちになりますね。

自分磨きをする

自分が集中して打ち込む時間を作ることで、恋愛のことを考える時間を強制的に少なくなるようにでき、そのうえ自分を磨けるのですから、一石二鳥です。

ファッションに詳しくなるのもいいでしょうし、今まで挑戦しなかった服装にチャレンジしてみるのも手です。また、新しい資格をとる勉強を始めるのもいいですね。

一生懸命何かに打ち込む姿は、生き生きとしていて、どんな年齢の人でも魅力的に映るものです。

笑顔をこころがける

めげそうになる気持ちはあると思いますが、笑顔で過ごすことを心がけましょう。笑顔は不思議なもので気持ちを軽くしてくれますし、笑顔はその人をさらに魅力的に見せてくれますよ。

最後に

何度も言いますが、自分を否定しないでくださいね。彼女とあなたの縁がなかったというだけで、誰が悪いわけでもないのですから。

失恋の傷を癒すのは時間がかかりますが、必ず癒すことができますから、少しでもそのお役に立てれば幸いです。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130506085733 5186f1ed1bb0b

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る