生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 初心者でもラクに走れるようになる!フォーム作りのコツ

初心者でもラクに走れるようになる!フォーム作りのコツ

2013年05月14日作成

 views

お気に入り

健康とダイエットのために走り始めた人も多いと思います。

筆者もランニング歴半年で、毎朝30分、4キロを走っています。

走るコツを掴んで、より楽しく健康的に走りましょう。

ランニングフォームの大切さ

最初の頃は、30分どころか、5分も走れなかった筆者です。1ヶ月くらい経って、ようやく20分連続で走れるようになりました。

そんな経験を通して、フォームがとても大切であると実感し、ポイントをまとめました。

ランニングフォームの作り方

STEP1:下半身

腰が落ちたフォームで走っていると、疲れるのが早くなります。背伸びして、上から引っ張られているような感じで、意識して腰を高い位置に持ってきます。

一定の高さを保って、腰の位置を高くして走りましょう。

STEP2:上半身

前のめりにならないように注意し、前後左右にぶれないようにします。

腕をしっかり振り、肩甲骨を意識すると、リズムとバランスが安定します。

肩に力が入らないように、自然な姿勢をキープしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。著者はこのフォームを意識することで、徐々に長い距離を走れるようになりました。

上半身、下半身それぞれフォームを確認できたら、全体のバランスをチェックしましょう。

ランニングは、各部がそれぞれ連動しています。なので、効果的な走りをするためには、足だけでなく、体全体の力を利用して走りましょう。

また、ランニング中に、自分の走っている姿を映せるような所があれば、意識してフォームチェックを行ってください。

楽しく、走りましょう。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130513205859 5190d58301785
  • 20130513204844 5190d31c4166b
  • 20130513204928 5190d348703b4

本記事は、2013年05月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る