生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. マクロスFの主人公アルトに学ぶ三角関係をいい具合に継続させるコツ

マクロスFの主人公アルトに学ぶ三角関係をいい具合に継続させるコツ

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

マクロスF(フロンティア)をご存知でしょうか。マクロスシリーズ生誕25周年記念作品として、2008年にTVで放送されたロボット物アニメーションで、シリーズの中でも、恋愛の要素が強くなった作品です。

その主人公である「早乙女(サオトメ)アルト」は、美少女と見紛うほどの美貌を存分に生かし、劇中二人のヒロインと三角関係をいい具合に継続し続けます。

男性ならそんな状況一度は憧れますよね。今回はそんなアルトに学ぶ、三角関係を継続させるコツをお届けします。

登場人物の整理

早乙女アルト(男)

主人公。歌舞伎の名門家系の生まれで美貌の持ち主。ひょんなことから民間軍事プロバイダーに所属し、変形可能な戦闘機のパイロットとなる。

シェリル・ノーム(女)

ヒロインその1。歌手。「銀河の妖精」の異名を持つ。

ランカ・リー(女)

ヒロインその2。歌手見習い。後に「超時空シンデレラ」と呼ばれる歌手になる。

三角関係をいい具合に継続させるコツ

コツその1:対照的な2人を持て選ぶ

ヒロインである、シェリルとランカは非常に対照的なキャラクターなのですが、まずはいかに対照的かを以下にまとめてみました。

要素 シェリル ランカ
身長 大きめ 小さめ
ボディーライン セクシー 幼い
性格 強気 引込み思案
ヘアスタイル ブロンド/ロング 緑/ショート
社会的地位(前半) スーパースター 飲食店スタッフ
社会的地位(後半) 落ちぶれる 上り調子のアイドル

このように非常に対照的です。それにより、

  • 違いすぎるので比較できない(優劣をつけない)ので、両方への想いを継続できる
  • 一方の嫌な所に参っても、もう片方で癒される

などが可能になるので、関係を継続するテンションを保つ事ができます。

コツその2:「好きだ」とか絶対に言わない

劇中にてアルトは2人のヒロインの間で揺れ続けます。これも非常に重要です。片方が優勢になってしまうような発言をしてしまうと、もう片方との関係性に悪影響が出てしまいます。

劇中でも、積極的なシェリルとアルトの関係性の進捗を目の当たりにしたランカが凹みまくるというシーンが多々ありましたが、結論付けるような発言をアルトがしなかったので、事なきを得た場面があります。

コツその3:ピンチの時には全力で向き合う

これも「私だけを見てくれてる」感の演出には欠かせません。

例えば、シェリルがV型感染症という病気が悪化し、さらに自信のアイドルとしての地位も、後発のランカに脅かされるという自体になった際、アルトは全力でシェリルを支えます。

そんないざという時の「私だけを見てくれてる」感は重要と言えるでしょう。

おわりに

いかがだったでしょうか。

最後にはなりますが、ご紹介したアルトは、歌舞伎の名門の跡取りとして生まれた由緒正しい生まれの、超美形設定の少年です。しかもエースパイロットです。

この点を踏まえて、ご参考にしていただければ幸いです。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130513210242 5190d6626f5f0

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る