生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 奈良旅行!春日大社の拝観と厄除け祈祷の体験談

奈良旅行!春日大社の拝観と厄除け祈祷の体験談

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

広大な奈良公園の先にある春日大社は平城京の守護の為に創建された御社です。今回は厄年の祈祷を世界遺産の春日大社で体験したく奈良へ旅行しました。その時の体験を紹介します。

旅行日程

2013年4月末に京都駅前のホテルに宿泊し、夫と2人で1泊2日の京都・奈良旅行をしました。

  • 1日目:京都/下鴨神社、平安神宮、清水エリア
  • 2日目:奈良/談山神社、春日大社

春日大社

奈良公園内の一の鳥居を抜けて長い参道の先に春日大社はあります。参道両脇には石の燈籠が並び、社殿や回廊に釣燈籠が並ぶ世界遺産のお社です。

祈祷

春日大社の西回廊側を出た先に祈祷所があります。今回は厄年の祈祷です。

本来は節分までに受けるべきですが、都合上時期が4月末になり、午後だった為もあってか、祈祷する人は他にいなく、家族も同伴で祈祷をさせていただきました。

祈祷料は5,000円、10,000円、30,000円の中から選びます。受付から終了まで全部で大体20分~30分程でした。

追加500円で毎日祈祷して頂ける絵馬があります。最初の受付時に希望の有無を確認されます。絵馬には名前と生年月日を記入して、祈祷終了後、外にある上の写真の場所に納めます。

記入方法などは待合室に説明書きがあります。

一言地主

祈祷所を出束所に一言地主があります。こちらでは願い事を絵馬に書いて納め、願いが叶ったら小さな鳥居を収めます。絵馬と鳥居は祈祷所の受付で購入できます。

特別参拝(主な見所)

特別参拝は通常500円の初穂料を支払いますが、祈祷後は祈祷で使用した白い羽織を渡し、そのまま無料で中へ入れます。社務所前には砂ずりの藤があり、4月末は藤の花が咲き始めて綺麗な見所です。

東回廊

朱の建物と綺麗に並ぶ釣燈籠を見ながら渡る回廊です。

本殿

中門の内側にあり第一殿、武甕槌命。第二殿、経津主命。第二殿、天児屋根命。第四殿、天美津玉照比売命を祀っています。国宝である本殿は撮影禁止で、中門から参拝します。

大杉

中門から御本殿を参拝したら中門の先に大杉があります。大杉前の重要文化財である直会殿の屋根を突き破っても伸びる大杉の枝は見ごたえがあります。

藤波之屋

暗い部屋の中に釣燈籠が多数輝く小さな建物です。

多賀神社

生命を司る延命長寿の神社です。西回廊側に200円の絵馬と記入用のペンがあります。

舞殿

舞殿は宮中伝来の御神楽を行うための建物です。春日大社では年間行事で能や狂言を見ることができます。

イマイチだったところ、よかったところ

イマイチだったところ

春日大社の手水は鹿の像の伏鹿手水所で風情があって良いのですが、一の鳥居を入って歩いた先、神社入口から離れた二の鳥居前の場所にあります。

隅の方にあるので少し分かりづらく、そのまま気付かず入ると手水をしないまま祈祷を受けたり参拝するようになってしまうのがイマイチでした。

よかったところ

4月の春日大社の敷地内は藤の花が綺麗に咲き、石燈籠も釣燈籠も雰囲気の良いお社でした。

祈祷は過去に都内の神社やお寺で経験しましたが、春日大社は雰囲気が違って厳かで本格的な儀式でした。今回は独り占めできてとても良かったです。

祈祷後、最後に口にした神酒も酒殿で実際に作られているお酒なので著者が今まで経験した祈祷の中で春日大社が一番オススメの場所です。

奈良へ旅行をする人に向けてのアドバイス

奈良公園には大仏殿などの名所もありますが、春日大社の参拝を終えたら南門を出て紀伊神社までの若宮15社を周るのをオススメします。

御本殿とほぼ同じ造りの若宮神社をはじめ、縁結びの夫婦大國社、金運の金龍神社、奥の院道先に紀伊神社など15のお社があります。

今回は午前中に談山神社へ行き、春日大社に着いたのが午後だったので祈祷と特別参拝を終えたのが16時頃になってしまいました。

春日大社のお守りを見に社務所へ行ったら片付けはじめてギリギリでしたし、若宮15社も慌しく巡った状態です。奈良公園、大仏殿など見所も満載なのでこのエリアは丸1日かけて巡る旅行プランをたてる事をオススメします。

おわりに

厄除けの祈祷といえばお正月の初詣から節分までに近郊のの神社やお寺などで済ませてしまいがちですが、時期がずれてしまっても、旅行も兼ねて自身の興味のある場所で行うのが良いと実感しました。

世界遺産でもある春日大社で伝統的で厳粛な厄除け祈祷はとても貴重で良い体験でした。奈良旅行、厄除け祈祷の参考にして下さい。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130511142454 518dd6266e003
  • 20130511145051 518ddc3b250bc
  • 20130511143033 518dd779c83dc
  • 20130511143112 518dd7a036c6d
  • 20130511144157 518dda251abe6
  • 20130511144359 518dda9f6bd8f
  • 20130511143626 518dd8dac8556
  • 20130511142741 518dd6cd37893
  • 20130511144504 518ddae0992a9
  • 20130511142915 518dd72b20a65
  • 20130511143226 518dd7eac0549
  • 20130511143505 518dd8896aae2
  • 20130511144832 518ddbb0c3a0a
  • 20130511143733 518dd91dadf37
  • 20130511144731 518ddb733e0de

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る