生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 初心者が株式口座を開設する際のポイント

初心者が株式口座を開設する際のポイント

2013年05月13日作成

 views

アベノミクスなどの報道を受け、株デビューしてみようかな?と思われている方が増えてきているのではないでしょうか。

ここでは、著者が実際に体験した、株式口座の開設の体験談をご紹介します。

目次

株式口座を開設する際に考えていた条件

株式口座を開設する際、大きく分けて以下のような条件で選ぶ方がほとんどだと思います。

  • 手数料などのコストを抑えたい
  • 少ない予算で始めたい(小額投資ができる)
  • プロと相談しながら株を購入したい
  • 株以外の投資にもチャレンジしてみたい

著者が株式口座を開設する際に考えていた条件は、「手数料などのコストを抑えたい」ということと、「少ない予算で始めたい(小額投資ができる)」ということでした。この条件のどちらかに合う証券会社にまずは絞り、数社を比較しました。その際、手数料の安さが特に際立っていたライブスター証券がとても魅力的だったので、「小額投資」に関しては諦めました。

初心者なので、初期投資を抑えてまずは株式というものに触れてみたい、という気持ちで開設しようと思ったので、このような条件になりました。

どんな口座を選んだか

著者が選んだのは、「特定口座」の「源泉徴収あり」です。株の売却ごとに源泉徴収されるため、確定申告が不要の口座です。

ただし、年間の売却益が20万円以下でも税金は徴収されてしまうのがデメリットです。

口座を選ぶにあたり、最も重視したポイント

上記の条件の中で、最も重視したポイントが「手数料の安さ」でした。毎回かかる手数料だからこそ、できるだけ安く済ませたいと思ったからです。

手数料は取引する株の値段で変わるので、今後取引金額が大きくなってもいいように、1日定額制もある会社を選びました。

妥協したポイント

上記の4つの条件のうち、「手数料の安さ」と「少ない予算で始めたい(小額投資)」を口座開設の条件にしましたが、一番魅力的な証券会社は小額投資ができない会社でした。いわゆる「ミニ株」の取り扱いがない会社でしたので、こちらは妥協しました。

選んだ口座とその理由

著者が選んだのは、「ライブスター証券」です。参考にしたのは、「一番よく分かるネット株の始め方」という書籍と、「比較.com」というサイトのネット証券のページでした。

自分の条件に合う口座をいくつかに絞り、その中で手数料最安値の会社ということでこちらにしました。こちらの証券会社の最大の魅力は、やはり手数料が断トツで安いということです。株式がまったくの初心者にはおすすめです。

振り返ってみて思うこと

オンライントレードの証券会社の口座を開設するのは初めてでしたが、ネットで簡単に開設できたので驚きました。ネット上ですべての手続きを終え、開設しましたというお知らせのメールが来るまでに約1週間、パスワードやIDなどが郵送で届くまでに約10日ほどでした。すべてスムーズにできたので、株式口座を選択し、開設することが簡単にできるということがわかりました。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130417205248 516e8d105dd73

本記事は、2013年05月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る