生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 目先を変えたクリスマスカレー!エビ入りもっとグリーンカレーの作り方

目先を変えたクリスマスカレー!エビ入りもっとグリーンカレーの作り方

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

クリスマスにはローストチキン・ケーキ・スモークサーモン・テリーヌなどと趣向を凝らしますが、著者は、エビ入りもっとグリーンカレーで目先を変えて盛り上がります。

何故、もっとグリーンなのかと言えば、ほうれん草のペーストを入れることで本物のグリーンガレーよりもグリーンになるのでそう呼んでいます。では、作り方をご紹介いたします。

材料(6人分)

  • ほうれん草・・・1束
  • ペースト取り出し用の水・・・50cc
  • 解凍無頭エビ・・・2~3尾×人数(12~18尾)
  • ニンニク・・・1個
  • 長ナス・・・3本
  • 玉ねぎ・・・大2個
  • サラダオイル・・・大さじ4
  • 塩コショウ・・・少々
  • 白ワイン・・・50cc
  • 水・・・800cc
  • ナンプラー・・・大さじ2
  • ココナッツミルク・・・400g
  • グリーンカレーの素・・・1パック(80g程度)

作り方

STEP1:ほうれん草をゆでる

沸騰した鍋いっぱいのお湯にほうれん草を入れて中火で5分ゆでます。

STEP2:ほうれん草の灰汁をとる

鍋ごとザルにあけて、水で灰汁を洗い流します。

STEP3:ほうれん草を刻む

ほうれん草は赤く硬い根っこを1cmカットして捨てます。使用する部分はミキサーにかけるので、3cm程度におおざっぱにカットします。

STEP4:ほうれん草をミキサーにかける

ほうれん草をミキサーで約2分回して粉砕します。ほうれん草自体から出るゆで汁でペースト状になります。取り出す時に水を50cc入れて軽く振るとこびりついたペーストもきれいにとれます。

STEP5:もっとグリーンペーストの完成

器にとった「もっとグリーンペースト」です。これが著者流グリーンカレーにする、緑の元です。

STEP6:エビの下処理

解凍無頭エビの殻を剥いてしまいます。尻尾は付けておいた方がおいしそうです。著者は背ワタを取りません。

STEP7:ニンニクをスライスする

ニンニクは皮を剥き、根の部分を2mmカットして捨てます。包丁で3mmにスライスします。

STEP8:長ナスをカットする

長ナスは縦に真っ二つに切り、更に真っ二つに切ります。縦に4等分です。更に横に3等分します。36切れになります。長さにもよりますが、縦は5~8cmになり、ボリューム感が出ます。

STEP9:玉ねぎをカットする

玉ねぎは皮を剥き、芽と根を各5mmカットして、まな板にしっかり置きます。包丁の入れ方は8等分に入れます。このサイズがゴロゴロしていていいです。

STEP10:サラダオイルでニンニクを炒める

フライパンにサラダオイルを大さじ2入れて中火で1分30秒間ニンニクを炒めます。

STEP11:エビの投入

エビを投入して更に1分炒めます。塩コショウを少々振ってください。

STEP12:白ワイン投入でエビに風味つけ

白ワインで風味をつけて1分炒めたら、エビを一度取り出します。

軽く油を切って皿によけます。

STEP13:玉ねぎを炒める

エビを取り出したニンニクオイルに玉ねぎを入れて、約2分中火でしっかりと炒めます。

STEP14:長ナスの投入

長ナスを投入してサラダオイルを大さじ2追加投入します。中火で5分しっかりと炒めます。

STEP15:炒め物を大鍋に移す

かなり容量が大きくなっておりますので、大鍋に移します。

STEP16:水とほうれん草ペーストを加えて煮込み開始

鍋に水800ccとほうれん草ペーストを入れて強火で点火します。約4分で沸騰しますから中火にして下さい。

STEP17:ナンプラー投入

ナンプラー(魚醤)を大さじ2投入します。

STEP18:ココナッツミルク投入

ココナッツミルクを300gほど一気に投入します。残りの100gは飾り用です。

STEP19:エビとグリーンカレーの素を投入する

エビを投入し、グリーンカレーの素を投入します。味見をして、薄いようなら塩を少々振ります。濃いようなら水を少々加えます。

STEP20:ひと煮立ちさせて完成

ここで火を強火にしてひと煮立ちさせたら完成です。

この料理がクリスマスにピッタリの理由

  • クリスマスのチキンには飽きている
  • ひとり200cc位なので、他の料理にも箸が伸びる
  • 珍しいカレーなので友人が喜ぶ
  • 見た目も鮮やかなので、パーティに相応しい

さいごに

手間がかかる料理ですが、食べた方はいつも喜んでくださいます。ぜひ、皆さんで楽しんでくださいね。それでは私たちもいただきま~す。

自信作ですので、是非どうぞお試しください。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130316050145 51437e2933f9d
  • 20130316051017 51438029c54f3
  • 20130316051423 5143811fc9f64
  • 20130316051744 514381e808fc5
  • 20130316052012 5143827c5615f
  • 20130316052142 514382d6b6ae6
  • 20130316052902 5143848e23200
  • 20130316054000 5143872059601
  • 20130316054526 5143886689df0
  • 20130316054757 514388fda91d4
  • 20130316055343 51438a5714252
  • 20130316055759 51438b57d3a14
  • 20130316060149 51438c3de2a8c
  • 20130316060456 51438cf80dd34
  • 20130316060807 51438db717191
  • 20130316061117 51438e75eea33
  • 20130316061301 51438edd5a946
  • 20130316061456 51438f50e502a
  • 20130316061703 51438fcf579bf
  • 20130316061939 5143906bb9d7a
  • 20130316062104 514390c041f08
  • 20130316062447 5143919f33f70
  • 20130316062810 5143926ab02f7
  • 20130316063316 5143939cda93c
  • 20130316063532 5143942457880
  • 20130316050145 51437e2933f9d

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る