生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3. 復縁テクニック

復縁テクニック

2013年05月09日作成

 views

お気に入り

復縁には復縁のテクニックがあります。

普通の恋愛とは違う復縁ならではのテクニックを紹介します。

誰にでも合う復縁テクニックではないので使う時は自己責任でお願いします。

▼無料の復縁メール▼
どうしても復縁したい方向け!メール相談はコチラ

目次

lost item

相手から距離をとられてる時は、たった一度の会う機会でも自分をアピールできる貴重な時間です。

そんな相手と次回会う事の出来る、チャンスを作る為に相手の車の中、家などにワザと忘れ物をするテクニックです。

会った後に「○○がバックに入ってないんだけど、もしかして車の中にないかな?」と連絡をすれば、連絡をする自然な理由にもなりますし、次回会うチャンスを作る事ができます。

忘れる物は何かの鍵やアクセサリーなど大切な物の方が良いです。

相手が会って忘れ物を渡す事を拒む場合は郵送で送ってもらいましょう。その方が未練の払拭もできて余計に距離を取られる事もありません。

one's back view

相手に完全に拒否されてて会う事が出来ない場合、自分磨きなどで魅力的になったとしても、その変化を相手に伝える事は難しいです

相手の生活パターンをある程度知っていれば、「○○があるから朝はこの道を通る」と予想が出来るはずです。

その予想に合わせて、お洒落をして行き相手を待ちましょう。

相手の姿が見えた時に、相手に気が付かないふりをして近くを通り、相手に自分磨きで変わった自分を見てもらうテクニックです。

相手を待ち伏せしてた事が解らないようにしましょう。
携帯で電話をしながら歩いてるフリをすると偶然性を更に装えます。
もしも相手に声をかけられたら笑顔で返事を!

blank mail

相手にどんな連絡をして良いか解らない時に空メールを送るテクニックです。

何も無い空メールがきた時の相手の反応で今後の行動を決めていけます。

「なに?」「何も書いてないメールきたけど?」など反応(返事)がある場合

返事の内容にもよりますが、返事が帰ってくる=まだ興味をもってくれてるという事です。

相手の反応に合わせて上手く復縁を進めて行きましょう。

返事が無い場合

返事が無い時は、暫く冷却期間を置きましょう。

勿論、返事の返しようの無い内容を送ったので返事が来なくても必要以上に落胆する必要はありません。

まずは相手に興味をもってもらえる様に冷却期間をし自分磨きをしましょう

復縁を考える方へ

少し前までは復縁というのは、あまり一般的な考え方ではなかったですが、最近は色々な雑誌で復縁を特集した記事があり余り珍しい考え方ではなくなったと言えるでしょう。

恋愛をする時のテクニックと復縁をする時のテクニックは全く違うので復縁を目指す時は復縁に合ったテクニックや考え方をすると良いでしょう。

▼無料の復縁メール▼
どうしても復縁したい方向け!メール相談はコチラ

あなたにオススメの関連記事

復縁体験談

ミラーリングを使った復縁方法

都合の良い関係からの幸せな復縁

離婚からの復縁する為のポイント

復縁の不安解消法

Facebook(フェイスブック)復縁活用法

引き寄せの法則で復縁を近づける方法

アラサー女子必見!復縁する為の心構え

【パターン別】別れた後の男心をコントロールするコツ

復縁をしたいなら絶対にしてはいけない事

女子力アップをしながら楽しく笑顔で復縁を目指す方法

心理学を復縁に応用する方法

失恋1日目にするべき事

遠距離恋愛の復縁方法

【タイプ別】恋愛依存からの立ち直り復縁に近づける方法

復縁を目指す前に、まず考えてほしい事・相手を見極めるコツ

ゴールデンウィークを復縁のきっかけにするポイント

3つの男性心理を操作し復縁する方法

元カレと復縁したくなる 3パターン

【復縁に繋げる為の!】別れの後の感謝と謝罪のメール例文

【復縁に効く!】復縁パワースポットの紹介

同じ職場の元カレと復縁する方法

復縁を叶える携帯の待ちうけ画像

復縁テクニック

▼無料の復縁メール相談▼
どうしても復縁したい方向け!メール相談はコチラ

(image by 足成)
(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130509131641 518b232978e78
  • 20130505125448 5185d808043d2

本記事は、2013年05月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る