生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 男性同士の友人関係を良好に保つ方法

男性同士の友人関係を良好に保つ方法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

ハラハラした緊張感のある男女関係とは違い、自分の素の部分をさらけだすことができる男同士の友情は長続きさせたいものですね。今回は、男性同士の友人関係を良好に保つコツをご紹介します。

友人関係を良好に保つ極意

お互いの本性を見せ合う

男同士の友人関係では、女性の眼を意識するように必要以上に自分を良く見せる必要がありません。よく言われる、「裸の付き合い」ができやすい環境です。

その代わり、自分の恥部を相手にさらす必要があります。例えば「女性と話すのが苦手である」「体つきが貧相である」「酒を飲むと愚痴りたくなる」など、あまり親しくない人には知られたくない部分です。

そのような隠しごとのない姿勢が、相手の信頼を得ることにつながっていくことでしょう。友人関係になってまで、見栄を張り合うなど無意味なことだと思います。

お互いの本性を見せ合うことが、男同士の友人関係を良好に保つ秘訣だと思います。

友達に求めていいこと

金銭的ではない物理的なものの貸し借り

自分のコレクションなど、お金ではない物理的なものの貸し借りはあってもいいと思います。デート用に友達の服を借りたり、車を借りるなどです。男友達との間では、結構遠慮なく物の貸し借りはあるものです。

仕事上のアドバイス

会社の同僚ではない友人には、特に相談しやすいと思います。お互い利害が重なり合わないですから、話やすいです。お酒の席であれ遊びに行った先であれ、今現在仕事上で困っていることがあれば「実は今仕事で困ってるんだ」といった感じで話してみましょう。

自分とは違った視点の意見が聞けるかもしれません。男友達は、仕事のことになると真面目な話にも付き合ってくれます。

恋愛相談

友人関係での、定番の話題ですね。一番、お互い楽しめる話題かもしれません。お互いに本音の部分での女性に対する意見を言い合うことができると思います。もし、自分が相手より内気な性格であるのなら、いいアイデアがもらえるかもしれません。

友達に求めてはいけないこと

金銭の貸し借り

求めていいことで「金銭的ではない物理的な物の貸し借り」は大丈夫だと言いましたが、現金や、それに類するもの、健康保険証、預貯金通帳、名義の貸し借りは求めてはいけません。また、借金などの連帯保証人になることも求めてはいけません。

友人の方に悪気がなかった場合でも、何かの理由で返却が滞ったり、自分自身が借金を抱え込むことになることもあります。そうなった場合、友情を保っていける環境ではなくなります。

仕事上の依頼を友人に頼み込む

仕事の相談は問題ありませんが、具体的に友人に仕事を依頼するのはよしましょう。物を買ってもらう、得意先を紹介してもらうなどです。なぜいけないかと言えば、友人というイーブンな関係が崩れてしまうからです。

頼んだ自分自身は彼に負い目を負うことになりますし、逆に彼はそれ以後上から目線になることも考えられます。

同性の友人関係に悩みがある男性へアドバイス

お互いが、人として高めあっていけてこその友人関係です。お互いが友人だと思いこんでいても、愚痴ばかり言い合ったり、心の傷をなめ合うような友人関係は良好な関係とは言えません。

うじうじして表面をなぞるような付き合いしかしていなければ、本当の友人にはなかなか成りきれないと思います。学生時代の頃を思い出してみてください。子供のような素直な気持ちで、相手を思いやり、自分自身を隠しだてせず友人に向かい合って見てください。

おわりに

いかがでしたか?是非、この記事を参考に男友達との友情を深めてください。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130505182745 51862611c06dd

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る