生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 職場で恋をした男性必見!社内恋愛に発展させるアプローチのコツ5選

職場で恋をした男性必見!社内恋愛に発展させるアプローチのコツ5選

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

世の中には社内恋愛をして結婚されている方が、大勢いらっしゃいます。これは、一日の半分以上を会社で過ごしているのですから、不思議な事ではありません。

しかし、好きになったからとすぐに気持ちを伝えて断られた場合、会社に行きにくくなることもありますので、慎重に行動したいところです。

そこで今回は社内恋愛のポイントをいくつかご紹介します!

アプローチするコツ5選

1:仕事のフォロー

仕事で困っている事があったり、意見が必要な時、重たい荷物を運んでいる時はチャンスです!そっと手伝いに行きましょう。

女性は困っている時に助けてくれる人に必ず良い印象を持ちます。相手が遠慮して断られないよう、さりげなさも必要です!

「手伝おうか?」ではなく何も言わずに持ってあげる事です。

2:休憩時間

休憩時間を利用しましょう。彼女がランチに行くところが分かっていれば、さりげなく同じ店に行き偶然を装い、「奇遇だね」など話しかけましょう。

相手が一人なら、「同席してもいいかな?」と言ってみましょう。お弁当をデスクで食べたり、屋上で食べたりする時でも自分もお弁当を買ってきて、「手作りのお弁当いいね。」といった感じで話しかけてみましょう。

お昼を同じ空間で食べる事によって、話す機会が必ず増えていきます。

外食の場合はあまりしょっちゅう偶然を装うと、怪しまれますので注意してください。

3:飲み会

職場の飲み会は絶好のチャンスです!必ず横か前をゲットしてください。話をする機会になりますし、自分をアピールするチャンスです!

お酒を飲んでいて、少し疲れたようであれば、「大丈夫?」と優しく声をかけ、「上手く言っておくから、帰っても大丈夫だよ」と気遣いをしてあげることも出来ますし、プライベートの話を聞けるチャンスでもありますよね。

4:メール

アドレスを教えてもらえたら、しつこく送るのではなく、「今日は仕事大変だったね」など、最初は仕事を絡めた内容にしましょう。

何回かやりとりができたら、そこから「困った事があれば相談に乗るよ。」と少しずつアピールしましょう。上手くいけば外で会う機会に繋がるかもしれません。

毎日の様に自分からは打たないようにしましょう。相手からメールが来た場合は必ず返してください。

5:社外で会えるように

段々と話す機会や、メールの回数が増えてきたら、外で会える方法を考えましょう。帰りに気軽に「ご飯ご馳走するよ。」と声を掛けてみるのもいいでしょう。

断られても、「また、時間のある時に誘うね。」と言っておけば嫌な気分はしませんし、また機会をみて誘う事も出来ます。出来るだけ外で会える努力をしましょう。そうすれば、関係は深くなっていきますよ。

社内恋愛で気をつけるポイント

周りに悟られない

周りの同僚や上司に悟られてはいけません。社内で噂になれば、彼女も敬遠するかもしれません。

なので、何をするにもさりげなく、周りに解らないようにする事が必要なのです。

ひいきしない

その女性だけをひいきしてはいけません。女性から見れば、自分だけに優しい人より、他の人にも優しい人が目にとまります。自分ばかりがあまりひいきされると周りからの目もよくありませんよね。

しかし、みんなに優しければアプローチにならないのでは?と思うかもしれませんが、そうでもありません。

先ほど書いたように、会社では、優しい人だなと思われるぐらいで良いのです。本格的にアプローチするには社外がいいでしょう

職場の女性を好きになった方へのアドバイス

職場が同じだというだけで、毎日顔を合わせれるなんていいですよね。しかし、下手にアプローチしたり告白して失敗すると、毎日顔を合わせるのが辛くなってしまいますし、仕事がしづらくなる可能性まであります。

ですから、焦らず少しずつアプローチしていきましょう。彼女の気持ちがこちらに傾いてきたなと思ってから、行動を起こす方が無難だと思います。

おわりに

社内恋愛で結婚までいく方が大勢いらっしゃるのは、顔を合わせる回数もありますが、お互い会話の共通点が多いからでしょう。仕事での出来事や相談もできます。

職場で気に入った女性が現れた人にはぜひ実践して頂きたいです。頑張ってください。

(Image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130504163207 5184b97718803

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る