生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 南国気分を気軽に味わえる!セブ島のアイランドピクニック

南国気分を気軽に味わえる!セブ島のアイランドピクニック

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者は大学の春休みを利用して、卒業旅行として友達3人とセブ島へ行ってきました。今回は、セブ島のアクティビティの中でも最もポピュラーなアイランドピクニックに参加した際の体験談をご紹介します。

アイランドピクニックはセブ周辺の島にボートで移動し、シュノーケルや島の浜辺でゆったりと過ごすツアーです。

セブ島旅行詳細

  • 日程:2013年2月18日~22日
  • 飛行機:成田から香港経由でセブ島へ。成田~香港、香港~セブともにキャセイパシフィック航空を利用
  • 宿泊先:マクタン島内の中級リゾートホテル
  • 人数:3人(男)
  • 参加アクティビティ:アイランドピクニック(要予約)
  • ツアー申込先:アクアマリン・オーシャンツアーズ
  • アクティビティで滞在した島:ナルスアン島

旅行手配手順の詳細

手配方法

現地で日本人が経営するツアー会社のウェブサイトにて、日本から予約しました。

費用

ホテルまでの送迎・1ドリンク・ランチ・シュノーケル・バナナボート体験付きでUS$80。支払いはドルでも日本円でもペソでも可能でした。

旅行会社を選んだポイント

日本人が経営するツアー会社ということもあって言語で困る心配がなかったこと、他のツアー会社では大抵別料金になっているバナナボートが一般的なツアー料金設定にもかかわらず料金に含まれていてお得だったことが決め手になりました。

服装・持ち物

タオルやシュノーケル一式は貸出してくれるため、基本的に必要な持ち物はありません。

しかし、ボートでの移動中は風に吹かれて寒いので、軽く羽織れるものがあればよいと思います。また、日差しがかなり強いので、日焼けを気にする場合は日焼け止めがあるとよいと思います。

良かった点

日本人ガイドがいるので心強い

日本人が経営するツアー会社のおかげで日本人のガイドが最後まで付き添ってくれたため安心でした。滞在した島にはしつこい物売りもいましたが、ガイドさんがガードしてくれるので安心でした。

空き時間はバナナボートで時間を潰せる

アイランドツアーはどのツアー会社でも大体9時にホテルに送迎がきますが、ボートでツアーに出発するまでに1~2時間空き時間ができてしまうそうです。著者が利用したツアー会社ではその空き時間にバナナボート体験をさせてくれたので退屈せずにすみました。

島までのボート移動も快適

滞在した島はアイランドピクニックツアーの中でも割とメジャーなナルスアン島で、ボートで40分程度でした。ボートに乗っている最中はサービスドリンクが貰えました。

南国を満喫できる

ナルスアン島滞在中はシュノーケルやランチ(BBQやフルーツ)を食べたり、浜辺のハンモックから海をボーッと眺めたりと、南国気分を味わうことができました。

帰るまでしかっりおもてなし

16時頃にアイランドピクニックからセブに戻ってきてからはシャワーを浴びて帰ります。その際、自分たちのホテルへの送迎だけでなくショッピングモールへ送ってくれたりもするので、買い物してホテルに戻りたい人にとっては非常に便利でした。

イマイチだった点

訪れたナルスアン島はアイランドピクニック用に人工的に作られた島なので、1周するのに10分もかからない程の大きさです。また海も遠浅なので、2時間もしてくると飽きてきてしまいます。著者も一通り写真を撮り終えたら帰りの時間までハンモックで寝ていました...。

非常に充実したツアーではありますが、著者は1回体験すればそれでいいかなと感じてしまいました。

感想

セブ島の海自体はリゾートエリア以外はあまりきれいじゃないため、きれいな海で泳いだり、南国でのんびりとした時間を過ごしてみたい方にはオススメのアクティビティです!

ガイドさんやツアー会社のスタッフさん達は非常に親切で、素晴らしい体験をすることができました。

おわりに

現地でツアー参加の交渉をする人もいるみたいですが、日本から事前に予約したほうが安全ですし色々と特典がつくため、著者は事前予約をオススメします。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130505184525 51862a358fec5
  • 20130505184421 518629f562b01

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る