生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. リアルで知り合いではないメル友とやりとりする時の注意点

リアルで知り合いではないメル友とやりとりする時の注意点

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

メッセンジャーやメールで、リアルで会ったこともない友達とメールのやりとりをすることも、マナーさえ守れば楽しい時間が過ごせます。そんなマナーや注意点について紹介していきたいと思います。

メールやメッセンジャーでのマナー

読みやすいメールをこころがける

自分が書きたいもの勢いで書くのではなく、受け取った相手が読みやすい文章でメールを書きましょう。最初のうちは「ですます調」でいいと思います。あまりにも、最初から砕けた文体でメールを書くのは、年齢も性別もわからない相手に対しては失礼に当たります。

絵文字の多用は控える

絵文字や顔文字はアクセントになって楽しいですが、あまりにも絵文字、顔文字が多い文章はおすすめできません。1通のメールに対して1つか2つの使用が無難だと思います。

一度文章を読み直す

急ぎでなければ、一度メールを書いて保管し、時間が経ってから読み直し確認して送信するのが間違いがありません。勢いで書いてしまって出してしまうと、あとで恥ずかしい思いをすることがありますので、メールを出すときは余裕を持って出しましょう。

複数のメールフレンドがいる場合

どの友達にどんなメールを送ったのか、友達が増えれば増えるほど管理が難しくなります。なるべく友達ごとにフォルダを分けて管理することがいいと思います。相手の趣味や、プロフィールなどは、PCのメモ帳にでもまとめて書いておけば、メールを書くときに探す手間が省けます。

メールフレンドとの付き合いでの注意点

適度な距離感を保つ

メールでどんどん仲良くなっても、やはり文章のやりとりだけの付き合いなので、実際に相手がどう思っているのか真実はわかりません。ある程度の距離感をもってつきあっていくのがいいと思います。

急に馴れ馴れしい文章になってしまうと、不快な気持を与える可能性もあります。

しつこい詮索はしない

会話の流れで質問するのはいいですが、あまりプライベートについて詮索することは避けた方がいいです。実名でのやりとりではなく匿名なので、相手はプライベートについて話したくない人なのかもしれません。

会話の流れで質問しても、その質問に対して返事が返ってこないようなら、その質問は二度としない方がいいです。

必要以上にプライベートを話さない

相手に対しても、そうですが、自分自身も個人情報の流出には細心の注意を払うことが大事です。年齢、性別、住んでいる県、地方くらいならいいですが、住所や電話番号、学校、職場など個人が特定できる情報については、話さないほうがいいです。

相手とトラブルになってしまったら

まず、トラブルの原因を考えます。原因が分かっている時、自分に否があり、自分もその否を認めている場合は当然、こちらから謝罪しましょう。相手に否があり、相手がその否に気づいてない場合は、柔らかくその否を指摘しましょう。

もしも、指摘したメールで相手がさらに逆上した場合は、こちらはすぐにメールを返さず、時間をおいてこちらが冷静になってから、一度だけ相手にメールを送ってみましょう。その時にまた逆上してメールを返してくるようなら、以後は無視し、メールは迷惑フォルダに直行させるのがいいと思います。

あくまでも、冷静な対処が基本です。文章でのやりとりなので、一度、ボルテージがあがると、文章ではなかなか冷やすことができません。感情のままにメールを返信せず、時間をおいてからメールを送信しましょう。

おわりに

たくさんのメールやメッセンジャーの友達がいると、いろんな情報が入り、生活も楽しくなります。ただ、あくまでも、匿名同士での付き合いなので、一線をひいて、その線を越えない範囲でつきあっていくようにしましょう。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130505140718 5185e906cc9b1

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る